noism-supporters-unofficial.info
Noism1 ルーマニア・シビウ公演に行ってきました!(1)
4月6日(木)19:00開演、ラドゥ・スタンカ国立劇場(シビウ)でのNoism1『マッチ売りの話』+『Passacaglia』最終公演に行ってきました! 今年1月の新潟公演を皮切りに、埼玉、新潟凱旋、そしてルーマニア・シビウと、全19回公演の最後を飾る大千秋楽。 Noism1メンバー渾身の舞台に、満員の観客は大歓声とスタンディング・オベーションで応えます。 3月30日のブカレスト『ラ・バヤデール-幻の国』公演に続く大成功! 前日の公演もとてもよかったそうで、私も感慨ひとしおです。 この『マッチ売りの話』+『Passacaglia』公演を私は14回観ました。 最後となるシビウ公演は念願の2階席で、3列目のほぼ中央。 客席数300と、ブカレストのオペラハウスのような大きな劇場に比べると、こじんまりした会場ですが、そのおかげで2階席でもステージにわりと近い感じで全体が観られました。 日本で観た時からひと月ほど間があいたわけですが、新たな発見もあり、これまでとは違う印象もありました。 金森さんが意図したであろう「祈り」、「信仰」を強く感じ、休憩なしで一続きの作品として上演されることにもとても納得がいきました。 シビウまで行ってよかった。 なんとなく感じていた不明点が自分なりにすっきり解消した気持ちです。 公演はもちろんとても素晴らしく、言うことなしの120点満点超えでした♪ でも日本で観ている時と違って、周りの観客の反応がとても気になってドキドキしました。 大好反応で本当によかったです! 終演後に、さわさわ会会長の斎藤正行さん(シネ・ウインド代表)に地元メディアのインタビューがありました。ネット配信もされたようですね。 写真の一番左の人は劇場スタッフの谷口さんで、通訳をしてくれたり、ずいぶんお世話になりました。