noism-supporters-unofficial.info
1月27日(金)の公演に行ってきました!
初日から1週間。 休演日を経て、ますますパワーアップした舞台を見せつけるNoism1メンバー! 演出も微妙に変わり、特に一番最後、ピシッと決まった終わり方に、即「ブラボー!」と男性の声が。 これで終わりと知っている私は、声に誘われて拍手をしたのですが、観客の皆さんは、誰かのツイッターに書いてあった通り、「よく訓練されていて」、メンバーが挨拶に出てくるまで拍手をしません。 うーん、すごいなあ。 そのあとは万雷の拍手なんですけどね。 この日は篠田昭新潟市長も来場していて、アフタートークの前にご挨拶があり、金森さんを褒め讃えていました♪ アフタートークでは、 ・仮面の意図 ・このご時世で、不慮の時などには真っ先に(予算が)削られてしまいがちな芸術(分野)について、どう考えるか ・『マッチ売りの話』の一番最後の、少女のシーンについて ・精霊に込めた思い の質問がありました。 重い話が続き、「今日はなんだか空気が重い」と肩を回す金森さんでした。 精霊役は井関佐和子さんですが、一番最初に登場し、凄いオーラで観客を舞台に引き込みます。 精霊とはいえ、きれいなだけの精霊ではありません。 衣裳の色は白とグレイだし、照明の当て方により、最初は白色だったベールが、途中から黒に変わっていき、不気味な雰囲気です。 この世はきれいごとばかりではなく、光と闇、表と裏、清濁、があることを暗示しているようです。 そして不自然に広がるスカートの下には何が隠されているのでしょう? まさに『マッチ売りの話』に繋がっていく絶妙の導入です。 1月は全公演、前売り券完売! 当日券が若干枚数あるそうですが、 埼玉公演、2月新潟公演をどうぞお楽しみに! 閑話休題: 26日、奥野晃士さんナビゲートのリーディングイベント、別役実「マッチ売りの少女」。予定時間オーバーながら無事終了しました。 ご参加の皆様ありがとうございました。 27日の公演には奥野さんやご参加の方たちもいらしていて、終演後、「よくわかった!」と笑顔で話してくださいました。よかったです♪ ★さわさわ会&Noismサポーターズ ルーマニア・シビウ公演ツアー 4月5日(水)~10日(月)決定! 諸事情により旅程が5日間から6日間になりました。 参加希望の方はお早めに当サイトのお問い合わせフォームからご連絡ください。