noism-supporters-unofficial.info
1月20日、初日に行ってきました!
第1部は衝撃的、そして第2部は大感動。 ぜひご覧ください、凄いです、本当にすばらしい。 いつもいつも期待を裏切らない(裏切りつつも裏切らない)金森穣Noism.。 今回も見事にやられました。 いろいろ詳しく書きたいのですが、今日は初日なのでネタバレしないように、あえて書きません。でもよかったです。本当によかった。 第1部は最初に印象的なシーンがあり、物語に引き込まれます。そのあとの場面は滑稽とも言える動きがありつつも、実はヘビーでハード。 意味はよくわからないながらも、さすがの身体表現展開で観る者を飽きさせません。 引き続きの第2部が凄いです! その前の、1部から2部への転換も興味深いです。 とにかく第2部、感動です。 仮面の第1部から、美しくも気高く、複雑な動きの第2部へ。 過去と現在、宗教と科学、アカデミックと抽象。 キーワードが解明されていく不思議。 その場に居合わせた百数十名にしか得られない、貴重な瞬間の連続。 終演後は金森監督によるアフタートーク。 とても濃い内容でした。 感動の舞台、そして金森さんが謎に応えてくれるアフタートーク。 皆様ぜひぜひお運びくださいね! さて、サポーターズ会報30号が無事できあがり、公演折込をしてもらっています。 浦野芳子さんによる金森さんインタビュー、山野博大氏のバヤデール評、メンバー全員のメッセージなど、盛りだくさんです。 どうぞお読みください。 そして、公演プログラム&2018年2月までのNoismスケジュールチラシなど、本公演ならではの情報チラシも折込配布されています。 会場ホワイエでは新NoismTシャツや、福島諭さんのCDも販売されています。 ぜひ観に来てゲットしてくださいね。 閑話休題: 第1部の最初、老夫婦の夫が読んでいた絵本は野坂昭如の「マッチ売りの少女」。13日のリーディングイベント、シネ・ウインド市川明美さんのナビゲートにより、その本のご紹介もありました。そして別役実の作品には付きものという電信柱が今日の舞台にもありました。 アンデルセン・別役実・野坂昭如、(そしてたぶんその他も)、を下敷きに、新たなオリジナル作品の金森穣『マッチ売りの話』! とは言え、アフタートークによると、別役実作品の影響も大きいそうですので、皆様、次のイベントいかがでしょうか。 ◆リーディングイベント第2弾!