noism-supporters-unofficial.info
『マッチ売りの話 passacaglia』新潟公演前半終了
平成29年新年の楽しみは何といってもNoismの新作の幕開けでした。 世界初演である初日を観て、やぱりNoismの舞台はすごい!とすっかり魅了され、 チケットを取っていた初日と前半最終日の間にもう1日当日券で鑑賞。 前半最終日に観た舞台は、更にぐんぐん良くなっていました。 劇的舞踊と身体表現が織りなすNoismならではの世界観は、もっともっと進化していきそうです。 強烈に印象的なオープニング。 暗闇の中、一筋の光。 "精霊"は厳かにそこに存在する。 その存在は全ての事象の光なのか、闇なのか。 身体の動きは最低限でありながら、圧倒的な存在感で一気に作品世界へと導く 舞踊家 井関佐和子の表現する"精霊"。 広がる裾野はどこに繋がり、何を内包してるのだろうか。 アフタートークで金森氏が、「能」の 序・破・急における序の部分のような表現として創作したと 語っていたオープニングのこの場面。 神々しさ、ぞくっとする恐ろしさの両面を持ち合わせた"精霊"が、これから始まる物語を深化 させていきます。 鳥肌が立つほど魅了され、あっという間に物語の中へ。 『マッチ売りの話』では"マスク"(仮面)が、これほどまでに多くを感じさせてくれるものなのだと いうことを実感させられます。 仮面をつけた舞踊家達から受け取るものは、観ているひとり一人異なるはず。 影、心理、角度などによっても表情は変化します。 そして観客ひとり一人の『マッチ売りの話』が生まれる。 後半の『passacaglia』に入ってからは、感覚的に心の動きが加速していくようで、 もう、ぽろぽろぽろぽろと涙が溢れてしまいます。 感動を言葉にするのは難しいですね。 でも、これだけ楽しむ自由や懐をもった舞台は、なかなか観れるもんじゃないな~と思います。 もっともっと話したいけれど、とにもかくにも観てほしい!! aco