nisimukusamurai.com
『神話の法則』:ヒーローについて | 物書きの城
 生きてます。  生存報告から始まるこのブログもどうにかするべきですね。  西向く侍です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。最近寒くなってきて困りました。  服を着ないといけません。  ここ最近は「作家でごはん!」なる作家志望者が集うサイトで活動をしていました。  まあ、本当にいろんな書き手がおりますね。  ライトノベルから一般文藝もおりました。  しかしながら、本当にこれは「人に読ませるつもりはあるのか?」とでもいうような書き手もおるので、玉石混合とはあれを言うのでしょう。小説という奥深さを痛感しました。  プロを目指すということは読者目線に立ち、お金を落としてもらうことを考える必要があるので、いち早くこだわりを捨ててプロを目指したいものです。仕事になるならなんでもします。  今回はヒーローについてです。 「西向くお前は梗概100本やるって言っておったのにやっとらんじゃないか!? いつするんだ!?」  死ぬ前にしますから。勘弁して下さい。  怒らんでください。  私が作家になるのが遅れたからと言って誰かが損失を被るわけではないのです。  西向くはそんな大人物ではないので許してやってください。  西向くは自分にとっても甘いのです。甘すぎて、糖尿になるかもしれません。  今回の記事から目次を導入してみました。読みやすくなったかな? なんでヒーロー?  西向くはかつて、キャラクター造形のために次の本を買ったことがあります。  買ってください。というわけじゃありません。  あくまでもユーザーのためにお示ししているのです。  もしも購入を考える人がいたときのためにです。  そもそも5,000円もするような本を購入しようという懐の温かい方はなかなかいないでしょう。いるなら、西向くがせがみにいくのでご連絡ください。  じつはこれから購入意欲をごっそり削ぐような記事を書きます。  本書を参考にして、ヒーローについての勉強メモを残します。  かつて読んで勉強になりました。  今後読み返す時に使えるような記事にでもしとけば活用できるだろうか。と考えての事です。 ヒーローの定義  アメコミに出てくるようなヒーロー?    戦隊もの?   〈出典:宇宙戦隊キュウレンジャー(東映)〉  今回の記事で書くのは作中で活躍をする主人公のことです。