nisimukusamurai.com
パターン8:群像劇 | 物書きの城
 春になったので髪を切りました。  西向く侍です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。  100本のうち8本目の「群像劇」についてです。  今までの記事はこちらです。  こちら→ 梗概100本!  パターン8の概要はこちら!  出典:榎本秋(2011).『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』株式会社アスペクト  質問:群像劇って必要なんですか? 読みづらくて、嫌いなんですけど。  とんでもない質問ありがとうございます。  100パターンあるうち、王道パターンとして紹介されているものを実践していこうというこの企画を吹っ飛ばしかねない意見です。  好きの嫌いのいろいろあるかと思います。  群像劇というのは発生して然るべき技法だと考えます。  世の中は正しいことばかりではありません。それを表現する上では効果的な手法です。  物事というのは球体であると西向くは考えています。  その球体を観察する場所ごとに見え方は変わり、様々な解釈が生まれます。  それを本書では「奥行が深く、幅の広い、複雑な構造の物語を作れる」と説明があるようですね。  質問:群像劇の効果を引き出した物語とはなんでしょうか?  素敵です! 先生はそういう質問が嬉しいですね。建設的な質問です。  ストーリーを作るということは、何かを描くということでしょう。  その描く対象として効果的なものは「キャラクター」ではないかと考えています。  ストーリーの端々に登場する影響力を持つ人物を描くというのが最も効果的だと考えています。  例えば「西向く侍」という人物が多くの人々に影響を与えるヒーローであるとして、影響を受けた人、事件を描いていき、最終的に西向く侍の視点で彼の内心を触れる。  外面から見える「西向く侍」と内面から感じる「西向く侍」を描くことが可能になるのでしょう。  ジョハリの窓をストーリーでつまびらかにするような方法が効果的だと思います。  これ以外の方法についても研鑽を重ねる必要があります。  質問:基本的な社会活動を行っていない先生は群像劇は向いていない手法だと思うのですがいかがでしょうか?  やはり、君は失礼な人だな。