nisimukusamurai.com
パターン7:信念・信仰の崩壊と再生 | 物書きの城
 千里の道も一歩から。  パターン7までやってきました。  西向く侍です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。  100本のうち7本目まで来ました。  全然更新をしていないので、西向くの生存確認の連絡が複数いただきました。  案外西向くの安否を気にして下すってる方々が多いというのを知り、涙ぐみました。  今までの記事はこちらです。  こちら→ 梗概100本!  パターン7の概要はこちら!  こちら『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』    出典:榎本秋(2011).『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』株式会社アスペクト  質問:そもそも信仰ってなんですか?  良い質問です! しかしながら、そんなこと自分で調べろ! って言い放ちたいのをぐっとこらえて、西向くは頑張りますよ。  こういう時はだいたいWikipediaをみればよいのです 信仰(しんこう、英語 faith)とは、  神や仏などを信じること。また、ある宗教を信じて、その教えをよりどころとすること。  人やものごとを信用・信頼すること。  証拠抜きで確信を持つこと。またそれらを信じることを正当化する要因。 信仰のことを仏教においては「信心(しんじん)」と呼ぶことが一般的である。「信仰」と書いて古くは「しんごう」と読んでいたこともある。 また比喩的な用法として、何らかの対象を絶対のものと信じて、疑わないことを指すこともある。 貼り付け元  質問:Wikipediaを根拠なく信ずるのは信仰と言えますよね。  断言ですね。質問じゃなくて、断言ですね。先生はつらいです。  先生が悪かったです。だから席についてください。  質問:ずばり魅力の理由はなんなのでしょうか?  先生は長いこと考えていました。この魅力を探る理由として考えるには宗教というものを考えていく必要があるのではないか? と考えて、色々調べて、考えてみました。  結果としては、すいません。  よくわかりませんでした。  わかりませんじゃ、いけないのでしょうけど、わからんものはわからんのです。