nisimukusamurai.com
パターン5:マイナスからの復権 | 物書きの城
 皆さんこんばんは。  長崎は雪でした。  西向く侍です。皆さんいかがお過ごしでしょうか。  以前に紹介した本のパターンに沿って、それぞれの梗概を作成していくという企画の5本目です。  100本のうち5本目です。三日坊主の西向くにしてはよくやってると思います。  今までの記事はこちらです。  こちら→ 梗概100本!  パターン5の概要はこちら!  こちら『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』    出典:榎本秋(2011).『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』株式会社アスペクト  引用ばかり繰り返していると、引用時の主従の関係性が明確でないとか言われたらたまらないので、もう少しばかり西向くの主を明確にして記事を書きましょう。  書籍の方の説明には、若年層をターゲットにしたライトノベルにおいてはあまり好まれないストーリー構成であるとのことを書いてありましたが、そんなことはありません。  今の若い子がどうかは知らないですが、西向くが好きだったライトノベルで『紅』シリーズがありました。    2005年12月20日初版。2014年に集英社のスーパーダッシュ文庫の廃刊に併せて刊行され始めたダッシュエックス文庫において新装版として再出版されました。  最初から最後まで主人公の鬱屈としたトラウマと強さを求める彼を慰めるヒロインの物語です。  ライトノベルの主人公の例に漏れず、魅力的なヒロイン達が主人公の真摯な姿に心惹かれていくというおおよその期待を裏切らない展開です。  強すぎる敵にボコボコにされた後7歳のヒロインに応援されて力を発揮するという王道です。  この物語は「マイナスからの復権」という作品になります。私たち読者が見たくない汚い世界に住む主人公が強さとやさしさを取り戻していくという物語です。  ちなみにアニメもあるのですよ。    原作ブレイクという言葉が見事にあてはまる映像作品です。  ライトノベルのアニメ化というのは原作ファンのために作られる必要はないのです。映像用に最適化されたシナリオ、最適な演出、最適な演技。それらすべてが見事なラインで構成された作品です。  息遣いまで聞こえるような演技の声優陣にほれ込んだのこもこの作品がきっかけだったりします。