nisimukusamurai.com
パターン3:ビルドゥングスロマン(成長物語) | 物書きの城
 皆さんこんばんは。  いかがお過ごしでしょうか。長崎はランタンフェスティバルの時期です。地元を離れた私には懐かしい響きです。  以前に紹介した本のパターンに沿って、それぞれの梗概を作成していくという企画の3本目です。  以前の更新分はこちらです! 『パターン2:起・起承転結型ストーリー』  2本以上の更新になったので紹介ページを作りました。  こちら→ 梗概100本!  パターン3の概要はこちら!  こちら『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』    出典:榎本秋(2011).『図解でわかる!エンタメ小説を書きたい人のための黄金パターン100』株式会社アスペクト  多くの物語では主人公は最初と最後では違う存在になっていることが多いように思います。  何かしらの事件を通して、大きく成長していく。そんな物語ですよね。  しかしながら、必ずしも成長をせずに周りに成長を促す作品ももちろん存在しますよね。  例えばジャンプの人気作品である『銀魂』なんかは皆さんご存知でしょう。  アニメになったり、映画になったり、小説になったりといろんなところで大活躍の銀さんです。  彼は一切の成長をしません。いや、多少はするのでしょうが。  基本的な成長はすべて彼の周りのキャラクター達です。これは銀さんというキャラクターに触発を受けて、成長をする、もしくは堕落をする物語です。  マダオのおっさんとかは銀さん達に触発されて一時のテンションでキャリア捨てて無職ですからね。  こちらがマダオの表紙。  影響与えまくりですわ。色々仕事掛け持ちしているんでしょうね。  主人公というのは必ずしも成長を描かれる対象でなくてもよいのではないかと西向くは考えます。  ビルドゥングスロマン形式の物語というのは必ずしも、主人公が成長しなくてもよいのかもしれません。  西向くの梗概(オリジナルストーリだよ!)  タイトル:長崎市市民英雄派遣制度 「佐々木君の進路はこれでしょ」そういって渡された進路希望票には父の職業が書かれていた。  ヒーローと。  父の仕事をつぐこと。