newpublic.today
自治体と住民が手を組んで実現している素晴らしい遊び場 羽根木公園プレーパーク | NewPublic.Today
世田谷区周辺に住んでいる方は知っている方も多いと思いますが、世田谷区には「プレーパーク」という区の取り組みがあります。 プレーパークは「自分の責任で自由に遊ぶ」をモットーにした遊び場です。子どもたちの好奇心を大切にして、自由にやりたいことができる遊び場を作ろうというもので、1940年(昭和15年)以降ヨーロッパを中心に広がった遊び場です。屋外での自由な「遊び」を通して得られるさまざまな体験や交流を通して、子どもたちに自主性や主体性、社会性やコミュニケーション能力を育んでもらいたい。そんな願いが込められた遊び場です。プレーパーク事業は、昭和54年、世田谷区の国際児童年記念事業として始まりました。開設当初から区と住民との協働による事業として実施しており、今なお先進的な取り組みとして全国的にも注目されています。常駐のプレーリーダーや地域のボランティアの方たちのもとで、普通の公園ではなかなかすることができない焚き火や泥遊び、木登りなどをすることができます。 コンセプトは素晴らしいなと常々思っていたのですが、世田谷公園はどうしても「公園の中の一部に分散してある」という感じで、そもそも人が多い世田谷公園の中で「なんとなく人目を気にして遊ぶ」というニュアンスを感じていて、あまり入る気にならなかったのですが、さすが「プレーパークの始まりの地」である羽根木公園は違いました。大きな面積の広場が全てプレーパークになっているので、見晴らしがよく、子どもが遊ぶのを安心して見ていられます。まるで山の中のキャンプ場や遊び場に来ている雰囲気で、道路がどこからも見えないので、ますます遊びに没頭できる感じです。この「没頭できる」「我に返らない」「集中力が途切れない」ってすごく大事なポイントだなと思います。 羽根木公園が完全常設型になったのは1980年だそうで、僕が生まれた年とほぼ同じです。正直、子どもが思いっきりここで遊んだら、ある程度事故やトラブルが起きることは想像できます。きちんと地域住民の理解を得て巻き込んで、専任のプレーリーダーやプレーワーカーを置いて、「自分の責任で自由に遊ぶ」という理念を長期間継続し続けているのは本当に素晴らしいと思います。