newpublic.today
おしりふりふり?子連れでの初の音楽フェス参加 | NewPublic.Today
子どもが生まれる前は、多い時は仕事とプライベート合わせて年に5-6本はフェスに行っていたものの、そのほとんどがまともな宿泊施設もとらずにひたすら体力にまかせて攻め続けるというスタイルだったため、子どもが生まれてから少し縁遠くなっていました。今年こそは!ということで、デビューしてきました。 と言ってもいきなり本格的なアウトドアのフェスではなく、NATSUBIRAKI MUSIC FESTIVALという都市型でしかも子どもに優しいフェス。所沢と大阪の2ヶ所で行われるフェスですが、今回は服部緑地という広い空間の中で開催される大阪会場に行ってきました。 会場は音楽堂の部分のみなので少しこじんまりしていましたが、その分あまり動かずにすみました。日中は凄まじい日差しだったので屋根がある日陰の部分でまったり。入道雲が青空に広がってキレイでした。 長男はいつも通りかき氷に夢中。いつもと違うのは、彼の腕についているフェスのリストバンド。親としてはこういうのが妙に嬉しかったりします。僕がフェスデビューしたのは残念ながら20代になってから。10代どころか、3歳で経験できるのは羨ましいと思います。例えそれが親の自己満足で、本人は全く覚えていなかったとしても(笑)。 昼すぎには夫婦ともに大好きで、奇妙礼太郎率いる天才バンドの切なくも面白いアクトを見ながら乾杯した後、むかし妻が店長をやっていたお店でライブをやっていただいたこともある、京都出身のインストバンドnabowaのアクトをゆっくり見ました。まるでステージ袖から見ているような特等席。 七尾旅人さんが出てくる前くらいから突然の激しい雷雨になり、会場全体のテンションが下がるかとおもいきや、会場の後方までお客さんに運んでもらったり、オーディエンスの子どもをステージにあげてサンプラー的なツールで一緒にセッションしたりと、もうやりたい放題。すごかったなー。初の音楽フェス経験だったのに、なかなか偏差値が高いアクトになりました。 七尾旅人さんがステージ後方まで移動してきてひたすら自由にやっているのを不思議そうに見る息子。 旅人さんが客席も巻き込んでの凄まじいアクトをしたおかげか、Soil&amp