newpublic.today
子どもにとっての楽園。キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原 | NewPublic.Today
自分だけに影響することなら危ない橋も渡るタイプですが、キャンプは一緒に行く家族や友達にも関係する話なので、とにかく最初はあえてベタ中のベタで固めることにしています。始まりの地でのキャンプの後に選んだ、関東圏で行く初めてのキャンプ場は、色んなランキングで子連れキャンプの最上位にいることが多い、あまりにも有名なキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原。ベタすぎる!でもそれでいいんです。那須には友達がいて、ただキャンプするだけでなく、友達にも会えますし。 でも、本当に行って大正解でした。途中で雨に降られたものの、子供向けのアクティビティが充実しているので、全く問題なし! まずは全ての子どもが大好きなジャブジャブ池。キャンプ場の真ん中にあるので、どのサイトからでもアクセスできます。めちゃくちゃ飛ぶ水鉄砲が売っていて、みんなそれで大盛り上がり。 ジャブジャブ池のほとりに小屋があって、登っていくといかにも秘密基地な場所があって、当然ここでも大興奮。 超大量のスーパーボールを放って、みんなで拾うというスーパーボールすくいもあります。祭とかによくありますが、スケールが違う。うちの長男はみんなに入れてもらえずに、すねて参加してませんでしたが(笑)。それも経験です。 それ以外にも、キャンプ場の中にこういう滑り台みたいなところもあって、決して広い場所ではないのですが、飽きません。 他にも、「クリスタルハンター」という、砂の中から宝を見つけ出すアトラクションがあり、ここでも子ども大興奮。うちの長男も無言でひたすら砂を掘り続け、レアもののカエルの石を見つけて、すごく嬉しそうでした。他の子どもたちからの「うわ〜あれ羨ましい!」という視線がまた嬉しいのでしょう。 夜になったら、場内の子どもが全員参加してるんじゃないかという疑惑すら出てくる、ビンゴ。かなり本格的に何枚もの紙を使って判子を押してやっていくもので、タンバリンとかがあってみんなでいちいち盛り上がりながらやってました。景品はColemanのグッズでしたが、結構高額なものもあり、しかも発表する時にはスモークまで焚いて、盛り上げ方が徹底してました。