newpublic.today
祝グッドデザイン金賞受賞。神山町の FOOD HUB PROJECT のクラウドファンディングのリターンが届きました | NewPublic.Today
以前神山町に行った時に、あまりのコンセプトの確かさとクオリティの高さに衝撃を受けた、"地産地食|Farm Local, Eat Local"という合言葉の「FOOD HUB PROJECT」(その時のレポートはこちら)が、2018年度のグッドデザイン金賞を受賞されました。 グッドデザイン金賞受賞ページ FOOD HUB PROJECT 受賞報告ページ グッドデザイン金賞受賞ページ内の「概要」は以下のようになっています。 フードハブ・プロジェクトは、「地産地食」を合い言葉に、地域の農と食を次の世代につないでいくための農業の会社。人口約5500人の徳島県 神山町の産官学と地域が一体となって進めている。老若男女、町に暮らす人を対象にした「育てる、つくる、食べる、つなぐ」という小さな食の循環システムを通して、新規就農者を受け入れ、農業を営み、育てた農産物を使った食堂・パン屋・食品店を運営、地元の食材で加工品を開発し、保小中高と連携した食育活動を行う。単なる農業や飲食業に留まらない、地域の農業問題の解決、食文化の継承、雇用創出、移住促進、コミュニティの活性、次世代教育など、幅広い範囲での地域社会の課題解決を担っている。 このプロジェクトは友人の真鍋さんが推進していることもありずっと注目してきたのですが、改めて見ても本当に素晴らしいです。いまや日本中が抱える大きな社会課題に対して解決策を示しつつ、「単純に食べて美味しい」「単純に建築や空間として見て美しい」「単純にプロダクトデザインとして美しい」という軸となる部分のクオリティがとても高い。人は残念ながら理念や思いだけでは動きません。クオリティの高いサービスやプロダクトや体験があって初めてビジネスが回っていきます。