newpublic.today
和歌山 南紀白浜でワーケーション体験をしてきました | NewPublic.Today
皆さんはワーケーションという言葉をご存知ですか?ワークとバケーションを組み合わせた言葉で、リモートワークを活用して仕事を続けながら、環境の良いエリアでバケーションやいつもとは違うインプット・アウトプットを行う取り組みです。 今回は全国に先駆けてワーケーションを推進している和歌山県さんの企画として、和歌山南部の南紀白浜エリアでワーケーションを体験させていただきました。 ---DAY1--- まず最初は地元和歌山出身の社長さんが経営されているクオリティソフトさんの元保養所をリノベーションした素晴らしいオフィスを見学。 和歌山は林業が盛んなため、木材でつくられたロボ社員さんが出迎えてくれました。 クオリティソフトさんは東京でも飲食店を経営されているということで、こちらでも社員さんと地元の方々がヘルシーな食事が食べられる食堂を経営されていました。単なるオフィスではなく地元にとってありがたいですよね。 オフィスの中は天然の木材を加工して、暖かみのある空間が広がっていました。隣の人と座る角度などまできちんと計算されてつくられていて、すごく集中できそうでした。 建物全景。元保養所だけあってスケールが大きくてのびのび仕事ができそうでした。少し歩くとすぐに海で、ドローンが飛ばせるのでドローンスクールもやられているそうで、当日ドローン操縦体験もさせていただきました。 そして次はテレワーク・リモートワーク界隈でよく話題になる株式会社セールスフォース・ドットコムさんの南紀白浜オフィスへ。当日はあいにくの曇りでしたが、晴れていたら窓の外に一面の海が広がって本当にきれいだそうです。株式会社セールスフォース・ドットコムさんは元々ハワイのカルチャーがあるそうで、まさに海沿いの南紀白浜エリアとマッチしていました。株式会社セールスフォース・ドットコムの社員さんはここに来ることで仕事の生産性が向上するだけでなく、地元のボランティア活動に参加することで社会の一員であるという自覚をより強く持って仕事のモチベーションが上がるというお話もあり、素晴らしい環境だなと思いました。たくさんの人が視察に来ているのも納得です。(壁一面にビジターの名前が!)