newpublic.today
北アルプスでアートとアウトドアを通して地域を発見する旅 Vol2. アウトドアアクティビティ編 | NewPublic.Today
前回の北アルプス国際芸術祭編に続いて、今度は4歳の息子と一緒と北アルプスの自然とアウトドアアクティビティを満喫させてもらったレポートです。 (事前のプランニング、宿泊やアクティビティのアレンジ、現地での移動などは、全て長野県大町市の小澤さんに多大なるサポートをいただきました。この場を借りて小澤さんとそのご家族、友人の皆様に御礼申し上げます)。 <八方尾根 子連れトレッキング> 前日の夜に長野入りし、夜は黒部ダムに近い高原リゾートであるくろよんロイヤルホテルに宿泊しました。高原の美しい緑を見ながら余裕の朝食。(しかしこの後でコーンフレークを派手にこぼし修羅場が訪れる) 芸術祭の作品ではないけど独自でアート作品を設置していて、スーパー巨大なこけしが!見つけたら思わず声をあげるくらいのデカさでした。 そして、いよいよ今回のメインイベントの一つ、北アルプスでのトレッキングです。場所は八方尾根と呼ばれる尾根。 4歳の子連れで登山なんかできるのだろうか・・・と正直不安に思っていたのですが、白馬エリアまで車で行った後、そこからゴンドラとリフト2つを乗り継いで標高1830mまで一気に上がってしまって、そこから八方池という標高2060mまで上がる形で、実際に歩く時間や距離から考えるとそこまでハードではありませんでした。(実際にかなりカジュアルな服装で来ている外国人のお客さんも普通に登っていました) (出典: 初めて乗るゴンドラに緊張気味のむすこ。 でもいったん乗ったらすごいスピードで登っていくゴンドラが面白かったらしく、一緒に登ってくれた年上のおねえちゃんと一緒に「きゃ〜!」と叫びながらジェットコースター感覚で楽しんでいました。 そしてリフトを乗り継いでいきます。 ちょっと横を見れば牛がいたりして、とても気持ちいい景色です。 リフトを下りたら、いよいよ山を登っていきます。いきなりのこの「THE・山」な景色。テンションがあがります!(ちなみにこの時点で標高が1800m越えているので、海抜0mからここまでノンストップで来てしまうと高山病的な症状が出る人もいるそうです。今回は前日にある程度の標高まで来て一泊していたので、親子ともに全く問題ありませんでした)