newpublic.today
世界遺産 知床からテレワークしてみました(前編) | NewPublic.Today
■知床でテレワークすることになったきっかけ みなさん、「知床」って聞いて、どんなイメージを持たれますか?世界遺産らしいけど、ちょっと他の世界遺産とは違って、めったなことでは行けないくらい辺境の地、クマとかが断崖絶壁の近くにいて、冬には流氷が来て閉ざされた世界になる、どこか日本離れした土地・・・。僕はそういうイメージでした。 「いつか行きたいけど、どうやって行ったら良いかもわからないし、きっとすごくアウトドア好きとか山登りとかできる人が行けば特別な景色が見られるんだろう」というような、「憧れるけど遠い」感覚。 ある日、なんとなくインターネットを眺めてると、「知床で働いてみませんか?」的な広告が目に飛び込んできました。「知床から働くってどういうこと?」と興味を持って、色々サイトを見てみると。 ・どうもこれは国が進める「ふるさとテレワーク」というものの一環で、北見市と斜里町という自治体がセットで「地方からテレワークで働く」ということを推進しようとしているらしい (斜里ふるさとテレワークのサイトはこちら) ・人数に限りがあるものの、規定人数以下であれば往復の移動費と、さらに宿泊費についてもサポートしてもらえるらしい ・色々な会社が申し込むので、申し込んでも選ばれるかどうかはわからないらしい ということがわかり、とりあえず考えてる間に締切日が来てしまったので、申し込んでみたら、幸運にも選んでいただき、行くことになりました。 当初は家族と一緒に行けると最高だなと思っていたのですが、なにぶん子ども達がまだ小さく、しかも運動会シーズンで諸々行事の準備などもあったことから、同僚と行ってくることになりました。 ■5日間滞在させてもらった町、斜里町 今回テレワークさせてもらった斜里町は、知床半島の北側(西側?)の付け根にあり、いわゆる知床観光の玄関口の役目を果たしているのですが、行く前のイメージは「なにもない田舎なのでは・・・」というイメージでした。 が、そんな事前のイメージは実際行くと見事に裏切られました。