newpublic.today
徳島県で今起きていることを見てきました 神山町の3つの魅力編。 | NewPublic.Today
神山町といえば、前回の記事にも書いた徳島県全体の高速回線インフラををベースに、都心からのサテライトオフィス誘致などに成功して地方創生の成功例と言われています。 また、IT系企業だけでなく、面白い人がどんどん集まって新しいことが生まれているという噂をよく耳にするので、自分の目と耳で確かめてきました。 神山町の魅力 その1: 里山の豊かな自然の恩恵を受けながら暮らし、働くことができる 徳島県と言っても瀬戸内海沿いのエリア、太平洋沿いのエリア、西側のエリアなど色々なところがありますが、神山町は徳島市内からクルマで1時間弱でアクセスできるところにありながら、いわゆる里山エリアでその自然を満喫することができます。 宿泊したWEEK神山の部屋からの眺め。山にかかる霧が美しい。 WEEKからクルマで少し連れていっていただくと、もうそこには至るところにキレイな川があり、夏はBBQや水浴びも楽しめるそうです。 「こんなところで仕事できたらいいな」という妄想を形にしたような、「森のオフィス」。ただ木々の中にデッキをつくるだけでなく、元々生えている木々を活かして、デッキの床から木が生えたようになっているのがかわいらしい。 ちゃんと電源もとれます(笑。 そして、圧倒された「凍る滝」、「神通の滝」。このすごい水量と高さの滝が、冬の寒さで凍るそうです。行った時はまだ暖かく周辺のつららが凍っているだけでしたが、それでも凄まじい迫力でした。市街地からクルマで少し行って山に分け入ったところにこういう場所があるのは、まさに里山ならではですね。リフレッシュのために朝早い時間にここに来て朝食を食べてコーヒーを飲んで、ということもあるそうで、都心ではありえない贅沢な時間の使い方です。 滝の音しか聞こえない、外界から閉ざされた空間で、流れ落ちる水を見ながら考えていると、自分の頭の中が整理されていきます。 神山町の魅力 その2: 積み重なった人々の歴史や文化が感じられ、きちんと現在に繋がっている 自然だけでなく、文化や歴史が「手に触れられるようにそこに在る」感じが町の中にありました。 例えば、宿泊したWEEK神山。 外観や部屋は現代的なミニマルなデザインでまとまっています。 実は古くからある建物とスペースを活かしてつくった宿泊施設とのこと。