newpublic.today
徳島県で今起きていることを見てきました 美馬市・にし阿波編 | NewPublic.Today
徳島県といえば神山町・上勝町など、既に全国規模で知られるサテライトオフィスの誘致や地場の産業育成で成功している自治体が多数ある県ですが、今回は営業部女子課さんという全国の営業をやられている女性同士でつながって盛り上げていこうという団体の徳島支局の皆様とお仕事でご一緒させていただいたご縁で、これから盛り上がるであろう美馬市というエリアを見学させていただきました。 見学させていただく際に、美馬市役所 地方創生推進総局 石田貴志さん、まさに今サテライトオフィスをつくってらっしゃる株式会社G&Cコンサルティングの片岡久議さん、そして営業部女子課の初代徳島支局長で徳島県内の女性の起業の支援をされてらっしゃる笠井誉子さんにとても詳しくご説明いただき、本当にお世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。 -うだつがあがる町って?- 最初に向かったのが美馬市脇町にある「うだつの町並み」というエリア。独特な形の「うだつ」がある家が多いことから、この名前がついているようです。 重要伝統的建造物群保存地区に指定されていて、水戸黄門の撮影にも使われるというだけあって、すごく古い歴史のある家々が残っています。元々藍の生産で財を成した商家が多いことから、家のつくりがどれも立派です。なんと現存する一番古い家は1707年にできた家!今から300年以上前ですね。すごくキレイに保存されていました。 この写真の真ん中にある二階部分にある白く縦に長い部分が「うだつ」です。 「うだつ」とは、下の説明にある通り、建物の二階部分にある防火用の袖壁というもので、ただ実用的な意味だけでなく、商人が自分の成功ぶりを示すために競い合って立派なのをつくった、ということから「うだつがあがる」「うだつがあがらない」という言葉が生まれたそうです。 確かに町をよく見ながら歩いていると、短いうだつもあれば長いうだつも、そしてさらには二段のうだつなどいろいろなうだつがありました。 「うだつがあがる」の語源にもなるくらいなので、ここでビジネスを始めればうだつがあがるはず!ということで、サテライト・コワーキングスペースをいままさにつくってらっしゃいました。 外観はまさに古く歴史ある建物という趣き。森さんという方のお宅だったので、現状では「森邸サテライトオフィス」という名称とのことです。