newpublic.today
KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭に行ってきました Vol.1 常陸多賀編 | NewPublic.Today
「どうも、茨城県で、面白いアートイベントが開催されているらしい」。そういう噂は前から耳にしていましたし、あの緑と青をキレイに配置したキービジュアルは色んなところで何度も見てました。でも、なんとなく、茨城という東京から微妙に近くて微妙に遠い距離感から、「いつか行けたらいいな」というくらいの引き出しに入っていました。 ところが、ある日ふとした思いつきで茨城県の県北エリアのビジネス創出コンテスト関連のイベントに行ってみたところ、そこに茨城県の県北振興課の方がいらっしゃり、「せっかくだからいらっしゃってみませんか?」とありがたいお誘いをいただけることに。先に結論から言うと、めちゃくちゃ良かったです。茨城を見る目が180度変わりました。 最初に、改めて KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭 について整理をしておきます。 会期:2016年9月17日(土)〜11月20日(日)[65日間] 会場:茨城県北地域6市町(日立市、常陸太田市、高萩市、北茨城市、常陸大宮市、大子町) 参加アーティスト:85組 作品数:100点以上 芸術祭が行われるエリアの大きさ:東京23区の2.7倍、「大地の芸術祭」が行われる越後妻有エリアの2.1倍 エリアは大きく2つ、海エリアと山エリアに分かれて展開され、それが芸術祭全体のキャッチコピーである「海か、山、芸術か?」という表現につながっています。 (出典元:KENPOKU 2016 茨城県北芸術祭 公式サイト 開催概要より そして、今回お世話になったのは 茨城県企画部 県北振興課 主任 岩田悠さん、茨城県企画部 県北振興課 主任 仁平宏樹さん。丸1日アテンドいただき、茨城県の歴史や地理的条件などもご説明いただき、とてもたくさんのことを学ばせていただきました。この場を借りて御礼申し上げます。 弾丸ツアーは日帰りの一本勝負で、常陸多賀駅での県の方との待ち合わせからスタート。改札を出て挨拶をすまし、さぁ行きますか、というところで「なにか違和感を感じませんか?」と県の方から聞かれて見てみると。あれ、たしかに、なんだか駅に見慣れないものがあります・・・。 駅を出てからも、なにかある・・・。 毛糸・・・?ニット・・・?的なものが至るところに・・・。