newpublic.today
東京ミッドタウン日比谷は「はたらく」と「くらす」が見事に融和している稀有なスペースでした | NewPublic.Today
お恥ずかしながら、ずっと話題になっていた日比谷ミッドタウンに三井不動産の方にご案内いただきやっと行ってきました。オープン当初からかなりメディアに出たこともあり、開業1ヶ月で来場者が200万人を突破するなど好調だということは聞いていましたが、その後も来場者数は好調とのこと。 行く前は「新しい商業施設の一つ」というくらいの理解しかしてなかったのですが、実際に行ってみると日比谷という場の歴史、日比谷公園の目の前という開放的な空間、そしてはたらく人にとっても買い物や飲食をする人にとっても便利な立地、という要素を組み合わせて、今までにない価値を提供していることに気づきました。 <はたらく場所について> 通常のオフィスも入っているのですが、三井不動産さんが手がけているWORK STYLINGという、コワーキングスペース+小中規模レンタルオフィススペースを組み合わせたスペースが入っています。 以前他の拠点も見せていただいたのですが、こちらのスペースは禅・和をモチーフにしているらしく、デザイン意匠がとてもおもしろかったです。色使いもおさえめで集中できそうな感じでした。コワーキングスペースは日本中にたくさんできていますが、やはりデベロッパーさんが本気を出してつくっている場所はクオリティが違います。三井不動産のお客さんがメインのユーザーなので、一般的にコワーキングスペースに馴染みが薄いと思われる大企業の人でもストレスなく使えるように工夫されています。 別フロアには大企業だけでなくスタートアップ・NPO・個人など色々な立場の人を結びつけるビジネス想像拠点「BASE Q」というスペースがあり、そこにRoyal Hostが運営するハイエンドラインのRoyal Garden Cafeが入っていました。会員登録なしでもここは使えるということで、ビルの中に色々な立場が色々なタイミングで使える「はたらく場」があるのは素晴らしいなと思いました。 カフェやファミレスで打ち合わせや仕事をしようとする人は多いと思いますが、一方でなかなか現実的には席が使いづらかったりみんなで集まりづらかったりと使いにくいケースが多いのが実情です。ここは予めスペースを予約して使えるようなので、かゆいところに手が届いてるなあという感じ。