natures.natureservice.jp
世界的なトレンド「ブレジャー」が新たな旅の形を創出する | NATURES.
ビジネスマンにとっての出張は、当然のことながら仕事のためであり、たとえ魅力的な観光地への出張であっても"旅行気分"で行く人はあまりいないと思います。 しかし、出張の用件が片付いたあとの数日間を、自分の余暇の時間に充てられるとしたらどうでしょうか?目的が仕事であることに変わりはありませんが、少しだけワクワクする気持ちも生まれませんか? 今回は、仕事とレジャーを合体させることによって生まれた新しい旅の形、「ブレジャー」についてご紹介したいと思います。 「Business」+「leisure」で「Bleisure」 Bleisure(ブレジャー)とは、business(仕事)とleisure(余暇)を合体させた造語です。普段の出張に数日~数週間の休暇をプラスして、「仕事ついでに旅も満喫してこよう!」という何とも嬉しい旅の形です。 Booking.comのメンバーを対象にした調査では、「ビジネス旅行者の49%は、現地での楽しみを得るために出張期間を延長している」ことがわかっています。また、別の調査によりますと、出張に行く経営者の81%がブレジャー旅行を活用しており、世界的な傾向としてブレジャーは当たり前のこととなりつつあるようです。 効率的と考えられているブレジャー ブレジャーの優れた点は、その効率性にあるとこちらの記事では紹介しています。 とあるインドのビジネスマンは、出張に行く際は同時に数日間の休暇を申請し、ブレジャー旅行を利用しています。出張と旅行を別々に設定しなくて済む分、航空券を予約する手間が省け、さらには旅費の節約にもつながっているとのこと。この点においてブレジャーは効率的であり、優れた上司ほどこれを理解してくれているそうです。 また、ブレジャーは優れたビジネスマンを生み出すことに一役買っているとも考えられています。出張に出れば、そこは普段関わることがない人たちの住む街です。日常的な人付き合いや生活から完全に離れ、何か新しいものに触れるまたとないチャンスとなります。 そういった貴重な時間を持つことで、ビジネスマンは視野を広げることができ、それが新たなアイディアを生み出すといったことにつながっていくのだ、と体験者は語ります。 ブレジャーの形態は色々