natures.natureservice.jp
オーストラリアのアウトバックをキャンプしながら旅をする(前編) | NATURES.
前回のアイスランドからはや一年。 今年も旅するシーズンが到来。 今回の目的地はオーストラリアのアウトバック(オーストラリアの内陸部に広がる、砂漠を中心とする広大な人口希薄地帯)。 ノーザンテリトリー州にあるカカドゥ国立公園、リッチフィールド国立公園、この2つの国立公園を中心としたエリアを目指します。 まずはダーウィンへ 最初に目指すはノーザンテリトリーの玄関口、ダーウィン。 成田を出発し、カンタス航空で9時間かけてブリスベンへ。そこから国内線に乗り換えてダーウィンまで約4時間。 時間だけで言うと北欧とか行くのと同じくらいなのでそこそこ遠い。 空港に着いたらまずはこの旅の要となるレンタカーを借りにいきます。 少々の川でも走れるようにシュノーケル(車体横についている煙突みたいなやつ)、上にはテント、後ろに冷蔵庫を積んだやる気マンマンなランクルです。 もう楽しい旅になる気しかしません。 今回は10日間と割と余裕のあるスケジュールですが、何しろ相手は広大なオーストラリア。 油断しているとあっという間に旅が終わってしまうのでサクッと近くのスーパーで食料と酒を買い込み、カカドゥ国立公園へ早速向かいます。 これがアウトバック 都市部を離れ、1,2時間走り続けるだけで大自然が広がってきます。 そして途中から四駆じゃないと入っちゃダメよと書かれたアウトバックの入り口が。 舗装されたアスファルトはなく、赤く乾いた大地が広がる世界。 完全に非日常。見事な現実逃避が出来そうです。 求めていた光景にいい歳をしたオジサン達が一気に男の子になってテンションが上がっていきます。 初日とは思えないアグレッシブな移動距離でなんとか目的のキャンプ場【Mardugal One Campground】にたどり着き、寝床と食事の準備。 ちなみにこのキャンプ場には一般的なキャンプ場のように受付棟はなく、スタッフが車で来て集金して行くスタイル。シャワーもちゃんと温水が出るし、ゴミも捨てられるし、快適なキャンプ場でございました。 イエローウオーター・リバークルーズ 一夜明けて早朝6時。ジャングルか!と突っ込みたくなる鳥の声で目が覚める。 正確には鳥なのか猿なのか不明だけどなんか怖いので鳥の声だと思い込む。 この日はキャンプ場近くのリバークルーズからスタート。