natures.natureservice.jp
若者たちがオフィス環境に求めるコト。自由度の高さや自然との融合がカギに。 | NATURES.
オフィスは仕事をするための場所なんだからどんな環境だっていい!なんて考え方には賛同できませんよね!?より快適で、高い生産性をあげられるオフィスが望ましい、ということは言うまでもありません。 今回は、こちらの記事を参考に、これからの時代を支えていく若い世代がワークスペースに求めることを、自然との関わり合いも含めてご紹介したいと思います。 自由度の高い空間を 1980年代から2000年前後に生まれたミレニアル世代と、それに続くZ世代。こういった若い世代が社会の中心となるにつれ、異なる世代であっても、彼らにはオフィス環境に対する似通った好みがあることがわかってきました。 一昔前のオフィスと言えば、全体的に灰色っぽく、いかにも「オフィスです」という雰囲気を醸し出していましたし、それが当たり前でもありましたね。しかし今の若い世代は、元気が出そうな明るい色調を好みます。そして、壁にはオフィスにしてはちょっと型破りと思われそうなアートワークやイラストがあったりと、独創的でユニークな環境を好むようです。 また、彼らはじっとしているのが好きではないため、一つの場所に縛られて仕事をすることを好みません。これまでにも何度かお伝えしてきましたように、現代の若者たちは柔軟な働き方を求める傾向があり、リモートワークやワーケーションといった働き方にも興味津々です。 しかし、すべての職種や企業において、オフィス外で働く制度が整っているとは限りません。ですから、オフィス内にとどまって働く場合、その時の気分や仕事内容に応じて、作業場所を変えられることを願っているようです。 たとえば、同僚たちと容易にコミュニケーションをとれ、アイディアを出し合えるワークスペースが設置されているのと同時に、プライバシーという個人的空間を確保しながら仕事に打ち込める環境も兼ね備えている、といった具合です。 一言で言ってしまえば、柔軟かつ自由な空間、そんなものを求めていると言えます。 自然を積極的に取り入れた空間を 記事ではさらに、オフィスに「自然」が取り入れられているとなお嬉しいと若者たちが考えていることにも触れていました。皆さまは「バイオフィリア」という考え方をご存知でしょうか?