natures.natureservice.jp
親子で学べば楽しさ倍増!子どもと一緒にアウトドアスキルを学んでみよう! | NATURES.
この夏、家族でアウトドア楽しんできたよ!という方も、これからデビューするぞ!という方も、アウトドアで使えるスキル、どのくらい体得していますか?衣食住に困らない自宅とは異なり、キャンプや登山、ハイキング等では、想定外の楽しいことがある一方、あれれ、困ったな...という出来事に遭遇することもありますよね。 今回は、「子どもに教えてあげたい23コのキャンプスキル」の中からいくつかを取り上げ、アウトドアを楽しむためにはどんなことを子どもに教えてあげたら良いのか(言い換えると、大人はどんなことを知っておくべきなのか)、という点をご紹介したいと思います。 ちょっとしたスキルが意外と重要 普段の生活と同じで、アウトドアでも食事が大切なのは言うまでもありませんね。なかでも、食材が傷んでいないかの確認方法は、ぜひ子どもにも伝えたいものです。 「まずは、目で確認する。」 「そしてにおいを嗅ぐ。」 「(加熱不要な食材は)ほんの少しだけ口に入れてみる。」 そんなの当たり前!と思うかもしれませんが、子どもにとってはそうでない場合もあります。特に梅雨時や夏場は注意する必要がありますので、視覚、嗅覚、味覚を使って、問題なく食べられるかどうかを判断する必要性を伝えてあげましょう。 また、アウトドアでは、周囲にあるさまざまなモノが、道具の代わりとなり得ることを教えてあげましょう。たとえば、アウトドアで何かと便利な缶詰。ところが、缶切り不要で開けられるプルトップ缶に慣れてしまうと、缶切りを持っていくのを忘れることがあります。 では、プルトップがちぎれちゃった、缶切りが必要なタイプの輸入缶を買っちゃった、という時にはどうしたら良いのでしょうか? そんな時に覚えておきたいのが、缶切りなしで缶詰を開ける方法。まずは、表面が粗い比較的大きめの石を見つけます。次に、石の表面に缶詰の開けたい面を前後にこすりつけます。しばらくすると缶詰から漏れ出た液体が石につきますので、それが缶のフチの部分に隙間ができたサインと思ってください。 あとは簡単で、隙間にナイフやスプーンなどを差し込めば、開けることができます。(缶詰の両サイドを押してフタを外すという方法もあります。)もしよければ、下記動画を参考にしてみてください。(実演は1分ぐらいのところから始まります。) 地図の読み方