natures.natureservice.jp
若者や優秀な人材ほどフレキシブルワークを求める傾向にある | NATURES.
Nature Serviceが運営する「やすらぎの森オートキャンプ場」(長野県)のなかに、圧倒的な自然に囲まれた「ノマドワークセンター(Nomad Work Center)」というコワーキングスペースを作る計画が進んでいることを、以前こちらでお知らせしました。 こういったコワーキングスペースを利用した柔軟で多様な働き方に注目が集まる一方で、リモートワークのようなフレキシブルワーク(=柔軟な働き方)を中々受け入れられない企業もあります。欧米ではもはや当たり前のフレキシブルワーク。今回はこちらの記事を参考に、柔軟な働き方に対する需要の高まりと、企業が対応する必要性を考えてみましょう。 高まる需要と抗う人たち さまざまな産業界において、フレキシブルワークに対する需要が高まりつつあります。フレキシブルワークとは、簡単に言ってしまえば「柔軟な働き方」のことで、勤務時間や勤務場所などをある程度自由に決められることを指します。 リモートワークもフレキシブルワークの1つとして考えられ、Upwork(米クラウドソーシングサービス会社)の Future Workforce Reportによると、米企業の6割以上が、リモートワーカーとして働くフルタイムの従業員を抱えているそうです。 しかし、リモートワークが当たり前のようになりつつあるアメリカでさえ、企業が柔軟な職場環境の構築に理解を示し実行に移しているのかというと、必ずしもそうではないようです。「フレキシブルワークは自分たちのビジネスには適切ではない」「リモートワークを導入すると社員のコントロールが難しくなる」そういった理由からフレキシブルワークを拒絶する企業幹部も多くいるのが現実です。 また、リモートワークの導入で従業員間のコミュニケーション不足や、協力体制の弱体化が生じることを心配する声もあります。ただし、デメリットばかりに注意を向けすぎると、フレキシブルワークから得られるプラスの効果を妨げ、さらには組織全体に不利益を与えかねないということも理解しておく必要があります。 柔軟さに欠けると人手を失うリスクも