natures.natureservice.jp
ワークライフバランスの調整役としてリモートワークを考えてみる | NATURES.
近年、リモートワークをする人たちが増加中だと言います。数年前までは、「リモートワーク=自宅で仕事をすること」と捉えることの方が多かったように思いますが、現在はもう少し広義に解釈されるようになってきました。 今回はこちらの記事から、コワーキングスペース「Outsite」を例として、リモートワークと、リモートワークを取り巻く環境について考えてみましょう。 リモートワーク=在宅勤務は古い? リモートワークと言えば在宅勤務を思い浮かべる方は多くいらっしゃると思います。しかし、現在ではリモートワークは在宅勤務に限定されず、自宅以外(カフェやコワーキングスペース等)で働いたり、旅をしながら滞在拠点を転々として働いたりすることも含めてリモートワークと広義で解釈されることが増えてきました。 ここ最近、NATURES.でも度々ご紹介してきた「ワーケーション」も同じように、リモートワークの1つ形態だと理解して良いと思います。リモートワークが世の中に浸透し始めた背景には、テクノロジーの進化があったことは言うまでもありませんが、ミレニアル世代がリモートワークを好む傾向にあることも、リモートワークが拡大している背景にあると言われています。 リモートワーク率の上昇とそこから見えるもの では、そのミレニアル世代も含め、人々がリモートワークを通して本当に求めているのは一体何でしょうか?それは、「ワークライフバランス」、つまりは「仕事と生活のバランス」をうまく調整し、豊かな人生を送ることなのではないでしょうか。 Gallup社の調査によりますと、2017年には米国の労働者の43%が「通常の就業場所とは異なる場所で仕事をしていた時間があった」と回答しているそうです。この数字は2012年には39%でしたので、何らかの形でリモートワークという就業形態に関わる人たちの数が上昇傾向にあることがわかります。 また、同社の調査では、調査対象者1万5千人のうち、おおよそ53%の人たちが、「ワークライフバランス」と「人としての幸せ」を考えてくれているような企業に就職することを望んでいるという結果が出ており、それを実現する手段の1つとしてリモートワークが欠かせない存在となっていると考えられます。 コワーキングスペース「Outsite」