natures.natureservice.jp
ワーケーションを歓迎する人しない人~働き方改革で仕事も休暇も変わる~ | NATURES.
前回、こちらの記事にて、ワーケーションが生まれた背景やワーケーションという働き方がリゾート地や旅にもたらす変化などを考えてみました。今回はその続きとして、ワーケーションの是非やアメリカの休暇取得に関わる現状などから、ワーケーションって実際どうなの?という点について考えてみたいと思います。 ワーケーションという曖昧さ いつもとちょっと違う場所で仕事をして、終わり次第旅先の非日常感に浸り楽しむ。一見するとワーケーションっていいよね、となりますが、否定的な意見があることも確かです。 そもそも、ワーケーションという制度を認めるかどうかは企業の判断に委ねられています。ワーケーション中の仕事時間や仕事内容がきちんと制度化され、利用者のリフレッシュの手助けとなるものでなければまったく意味がありません。 そして、仮にきちんと制度化されていたとしても、「仕事と休暇の境界線が曖昧で休んだ気がしない」「仕事があると思うと心底楽しむことはできない」という意見もあります。また、旅先でも効率よく仕事をするためには、高速インターネットなどが整っている滞在先を選択しなければならず、少なからず制約があるという点からもワーケーションを否定的にとらえる向きもあります。 休暇が取りにくい現状 ここで少し休暇取得率についてこちらのデータを参考にアメリカの現状を見てみましょう。アメリカのGlassdoor(ジョブ検索サイト)の調査(2017年)によりますと、過去12か月に休暇や有給休暇を取得したのはおおよそ半数(54%)しかおらず、これは調査を開始した2014年の51%とほぼ同じで、横ばい状態が続いているそうです。 また、このうち休暇中に仕事をしている人の割合は、3年前には61%だったものが、2017年の段階では66%にまで増加しています。長期休暇を問題なく取得できるのがベストであり、さらに休暇に仕事を持ち込まずに済むのであればそれに越したことはありません。しかし、それがどうしてもできない人たちが増え続けているのです。 ワーケーションがなければ休暇が取れない現実