natures.natureservice.jp
ワーケーションがもたらす変化~働き方改革で仕事も休暇も変わる~ | NATURES.
皆さまは「ワーケーション」という言葉をご存知でしょうか。今回から数回に分けて、ワーケーションやリモートワークといった働き方改革に関連する内容をお届けします。まずはこちらの記事を参考に、ワーケーションとは何か、ワーケーションが生まれた背景、さらにはワーケーションがリゾート地や旅にもたらす変化などをご紹介したいと思います。 ワーケーションとは? 「Work」(仕事)+「Vacation」(休暇)を組み合わせてワーケーション(Workation)。日本では、日本航空が2017年に導入したことでその名を耳にしたという方も多数いらっしゃることと思います。その意味するところは、「休暇を取りながら仕事もする」という働き方のことです。 一般に言われるワーケーションは、旅行に行きながらもある一定の時間は仕事をし、それ以外の時間は旅行先のアクティビティなどを楽しんで充実した時間を過ごすことを言います。たとえば、家族でビーチリゾートに行ったとします。午前から夕方までは仕事をしたとしても、それ以外の時間は海で泳ぐ、浜辺を散歩するといった非日常を家族とともに満喫できるのです。 なぜワーケーションに注目が集まるのか 従業員一人当たりが抱える仕事量や責任は増える一方、休暇は増えない......。そんなボヤキはそこかしこから聞こえてきます。有給休暇さえ消化しきれていないのに、長期休暇ともなるとさらに取得しずらいという現状。 また、仮になんとか長期休暇の取得にこぎつけたとしても、仕事に対する責任感を消し去って遊びにだけ没頭するというのは(本来そうあるべきだとしても)案外難しいものです。 今回ご紹介している記事の中にこんな話が載っていました。ニューヨークでプロモーション資料の制作会社を経営するある男性が、家族との夏期休暇中に締め切りの迫った作業をしていたそうです。せっかくの家族旅行を台無しにしたくなかったため、家族の目に触れないようランドリールームでパソコンを使って作業をした結果、腰が痛くてたまらなくなりました。 結局、彼は旅先でコワーキングスペースを見つけて、そこで朝方まで仕事をしたそうですが、家族に気を使い、体は痛くなり、さらには非効率な環境で仕事をするはめになりました。そんなことになるなら長期休暇なんてとらなければ良かったとついつい思ってしまいそうですよね。