natures.natureservice.jp
子連れ、それも幼児を連れての登山はどこへ? | NATURES.
「子供が産まれたら、我が子と一緒に山に登るのが夢」との言葉をよく聞きますが、はたして、どこに行くのがいいのでしょうか? 一口に子供、と言っても歩き始めたばかりから小学校高学年まで、体力はまちまちです。ネットで"子連れ登山"と検索してみると、ほとんどは小学校の子供を想定した山が紹介されている気がします。「いやいや、小学校まで待てないんですよ。幼児でも連れていける山を知りたいんですが?」と思い、いっそ、自分で探してまとめることにしました。 ここでは、歩き始めたばかりの1~2歳は、まだ登山の楽しみを知るまで到達できないかもしれないので、3歳から6歳ぐらい、未就学児の幼児を想定します。 記念すべき第1回は、あれこれ調べ、登山のエキスパートにも話を聞き、決定しました! ジャガジャン! 「神奈川県の弘法山」です。 理由は3つ。 その1、駅からバスに乗ることなく、スタートできる。 幼児は電車に長い時間乗っていると飽きてしまいます。それなのに、さらにバスに乗せるなんて騒ぎ出すのが目に見えますね。電車を降りてすぐに出発できる山が望ましいものです。弘法山は小田急線の秦野駅からスタートします。 その2、行程時間は最長2時間。 幼児は大人のほぼ2倍の時間がかかると覚悟しておきましょう。途中、花や虫に気をとられて、なかなか進まないのが子供です。決して急かすことなく、待つ時間も用意しておくのが鉄則。弘法山は大人の足で休憩をいれても2時間ちょっとです。 その3、見どころがバラエティにとんでいる。 単調に歩くだけでなく、途中に展望台があったり、登山道の難易度や景色に変化があると飽きずに歩き続けられます。弘法山はまず、川沿いの車道歩きからちょっとハードな登りを経て富士山の大展望となり、締めの温泉へと下ります。 先日、実際に下見として登ってきました。 小田急線の秦野駅で地元産の落花生を買い込み、出発です。賑やかな駅前を後にし、水無川の川沿いに進み、T字路で突き当ったら左折。そのまま道なりに進むと「弘法山公園」の立派な看板がある登山口へ到着します。 [caption id="attachment_6011" align="aligncenter" width="396"] 車がビュンビュン通る車道の脇に大きな看板がある[/caption]