natures.natureservice.jp
Airbnbからわかる今年の人気スポット~自然体験を求める人の増加が顕著に~ | NATURES.
短期、長期にかかわらず、旅行や遊びの予定を考えるとき、まっさきにAirbnbで検索!という方も今では珍しくないのではないでしょうか。今回はこちらの記事を参考に、Airbnbからわかる2018年トレンドをご紹介します。世界中のAirbnb利用者の興味は、一体どこに向いているのでしょうか? 日本人気は衰え知らず 2018年上期のAirbnb予約状況を見ると、日本人気は健在だということがわかります。Airbnbの予約データによると、人気都市第1位は東京、2位はパリで、3位が大阪と続きます。何とトップ3に日本国内の都市が2つも入るという人気ぶりです。 4位にはニューヨーク、5位はロンドンと続き、大都市ではないにもかかわらずマイアミが8位、そしてリスボン(ポルトガル)が10位となっています。 自然の多い場所は人気急上昇中? さらに、2018年上期の人気上昇中スポットに目を向けると、"自然が多い場所"という共通点があることに気が付きます。前年比で大幅に予約数を伸ばした場所としては、たとえば、カナダのファーニー(Fernie、+179%)やケロウナ(Kelowna、+170%)、ブラジルのマチーニョス(Matinhos、+209%)やグァラパリ(Guarapari、+205%)、アメリカのモンタナ州(+242%)などが挙げられています。 あまり聞いたことのない街の名前もあり、なぜ人気なの?と思うような場所もありますよね。カナダのファーニーやケロウナはどちらも山あいの町として知られ、年間を通して多種多様なアウトドアを楽しめる場所です。山登りやハイキングは言うまでもなく、クロスカントリーやフライフィッシングも楽しめるため、とても人気のある場所です。 一方、ブラジルのマチーニョスやグァラパリを目指す観光客の目的はビーチ!永遠に続くと思わせるような海岸線は魅力的で、その上都会の喧騒から離れられるとあって、非常に人気を集めているそうです。 そしてアメリカのモンタナ州は、広大な自然を求める人々が旅行先として考えているようです。特に、カナダと国境を接するグレイシャー国立公園は素晴らしく、大自然に囲まれた国立公園周辺のロッジが大注目を浴びています。