natures.natureservice.jp
佐渡島。島に住む人とトキが共生するあたたかな島。 | NATURES.
日本海に浮かぶ離島、新潟県の佐渡島。 新潟市内から船で行ける、利便性の良い南北に伸びた特徴的な形をした島です。 佐渡島といえば有名なのが「朱鷺(トキ)」。 全国に向けてトキのPRや、トキの生息する田んぼを中心に子供たちの環境教育を行っている "一般社団法人佐渡生きもの語り研究所"さんのモニターツアーに参加をしてきました。 「トキは絶滅した」と思っていたので、今回のツアーで飼育されているトキだけではなく、野生で生きているトキもいることを知って驚きました。 トキの野生復帰のために、国や県だけではなく、島民が協力をして様々な取り組みをしているということが印象的でした。 佐渡島に観光で行っただけではなかなか分からない、トキと共生するための環境整備についてご紹介します。 【朱鷺(トキ)ってどんな鳥?】 まず、トキについて。 ペリカン目トキ科の鳥で学名はニッポニアニッポン。"朱鷺色"という名前にもなっている淡い桃色の羽が特徴的な美しい鳥です。大人になると、羽を広げると1.4m、1.5kg程のサイズになります。そこそこのサイズの鳥ですが、非常に繊細。 環境破壊による環境の変化や農薬の影響や、美しさゆえに捕獲されてその数が減っていってしまい、1981年に日本に残る5羽のトキを捕獲し、繁殖が試みられましたがヒナ誕生とはいかず、2003年に日本の野生最後の朱鷺"キン"が死んでしまいました。 トキ絶滅。もういないのか・・・。 と思ったら、トキが野生に帰ってから2018年で10周年。 ・・・?! 実は、日本では野生絶滅したトキが中国で発見され、1999年中国から日中友好の証として2羽のトキが贈呈され、その年にヒナ(優々)が誕生したことを皮切りに人工繁殖を通して徐々にトキの数が増えていったそうです。 2008年に第一回となるトキ試験放鳥が行われ、10羽のトキが自然下に飛び立ちました。毎年、年2回の放鳥を行い、4年目の春(2012年)に日本では36年ぶりとなる野生下でのトキのヒナ誕生というおめでたいニュースもありました。 野生下で暮らすトキの数も徐々に増え、現在、佐渡島にはトキが300羽ほどいて、そのうちの半数は野生で生まれています。 今回のモニターツアーでも2日の滞在でしたが、田んぼの中にいるトキを見ることができました! [caption id="attachment_5972"