natures.natureservice.jp
散歩の不思議!~大事なときほど、自然のなかへ~【もっと元気に、もっと輝け!】 | NATURES.
世界のハイパフォーマーから心や体を健やかに保つヒントを得る【もっと元気に、もっと輝け!】シリーズ。最終回となる今回は、「散歩の不思議!~大事なときほど、自然のなかへ~」と題し、ハイパフォーマーが日常的に散歩をしている事実、そしてなぜ散歩が良いのかという点を、こちらの記事からご紹介したいと思います。 散歩の良さ知るハイパフォーマーたち アニメーションスタジオの1つ、「ピクサー」をご存知でしょうか。そこでかつてCFOを務めたローレンス・レヴィは、世界に名を知らしめる企業にピクサーを成長させた人物の一人です。彼は幼少期をロンドンで過ごしたそうですが、当時から考える必要のある時は、常に散歩をしていたそうです。 「外で体を動かして、空気を吸うという行為には何か惹きつけられるものがある」と彼は語っており、散歩をしながら考えをめぐらすことに意義を見出しているようです。 また、Facebookのマーク・ザッカーバーグやAppleの創設者であるスティーブ・ジョブズも散歩をこよなく愛し、考えをまとめるときや、ミーティングを行うときに散歩を利用することはよく知られています。 シリコンバレーに住むハイパフォーマーには、散歩、それも自然のなかを歩くことで、問題解決能力や創造力を高めている人たちがおり、ある種、シリコンバレーのトレンドといっても過言でないほど、散歩を日常的に取り入れているのです。 自然のなかを散歩する良さの秘密 『美しい滝を眺めていたらひどく疲れたよ、なんていう人はいませんよね?』とシカゴ大学のマーク・バーマン教授は言います。確かに、と皆さまも思いませんか? 心理学を専門とするバーマン教授によると、自然のなかを歩くと、「選択的注意」(directed attention)が回復されるというのです。「選択的注意」とは、周囲に情報があふれている時に、そのなかから特定の何かに注意を向けることを指します。 たとえば、人の話し声や電話の音が聞こえ、窓からは車などがせわしなく行き交う様子が見える場所にいるとします。そういった環境下で重要な意思決定をしたり、自分の考えに集中しようとしたりする場合、人は「選択的注意」を発動します。