natures.natureservice.jp
少しの意識改革でストレス軽減へ!【もっと元気に、もっと輝け!】 | NATURES.
世界のハイパフォーマーから、心や体を健やかに保つヒントを得る【もっと元気に、もっと輝け!】シリーズ。今回は、日々の生活の中でハイパフォーマーたちが実践している、ちょっとした習慣や考え方を、こちらの記事からご紹介したいと思います。 テクノロジーと程よい距離を保つ できそうで意外とできないのが、スマホやパソコンなどから離れる時間を持つこと。しかし、仕事で生産性を高く維持する人たちの多くは、自分で決めた時間帯だけは、スマホやパソコンの電源をオフにしたり、視界に入らない場所に置いたりするように心がけています。その理由は簡単で、メールやSNSなどから離れることで、精神や肉体が仕事やストレスから解放されると知っているからです。 世界一忙しいと言われるアメリカのテレビ番組司会者、オプラ・ウィンフリーも、完全なオフモードにする日を決めており、彼女の場合はそれが日曜日だそうです。日曜日はスマホを手にすることはなく、読書の時間を作ったり、パジャマでゴロゴロするような時間を過ごせるよう努めています。日曜日は自らをリセットすることに注力し、そうやって自由に過ごせる一日を、生きる力の源にするのだそうです。 一日の終わりをどう過ごすかで明日が変わると考える 一般に、朝は出勤の準備に追われることもあり、何かしらの決まったルーティーンのもとでテキパキと用事を片付けていく人は多いと思います。しかし、夜は一日が終わるという安心感からか、寝る準備は整っているのに、夜遅くまでダラダラとパソコンの前で過ごしたり、スマホを握りしめている人も結構多いのではないでしょうか。 ハイパフォーマーの多くは、生産的で創造性があり、なおかつエネルギーに満ちた明日を迎えるためには、一日をどのように終わらせるかがカギとなることを熟知しています。朝と同じように、夜にも何かしらのルーティーンを持ち、夜の時間帯を最大限に活かすことはとても大切です。 帰宅したらスマホは見ないなどの夜のルーティーンを自分なりに作り、代わりに、読書や音楽を聴くといったリラックスタイムを設け、その上で睡眠時間を少しでも確保する努力をしましょう。