natures.natureservice.jp
ストレス軽減のヒントは習慣化された行動にあり!【もっと元気に、もっと輝け!】 | NATURES.
ハイパフォーマーたちの日常から心や体を健やかに保つヒントを得る、【もっと元気に、もっと輝け!】シリーズ。今回は、彼らがストレス軽減のために普段から習慣化している行動に注目してみましょう。 集中的に考える時間を作る こちらの記事によると、社会的成功者の多くは、毎日の生活にまつわるすべてのことを整理するために、一日に必ず15分~30分間、集中的に考える時間を作っているそうです。仕事や健康のこと、人間関係などを、特に朝の時間帯に最低でも15分、一人でじっくりと考えられる時間を設けています。自分の考えをまとめ、整理するための静かな時間があると、ストレスは軽減されると言われています。 15分でさえも惜しい!という方は、たったの2分間、何も考えずに呼吸にのみ集中するだけでリラックス効果が得られるそうなので、仕事中のストレス軽減のために覚えておくと良いかもしれません。 読書の習慣化 また、同記事では、ハイパフォーマーの多くが読書を習慣化していることが紹介されています。とある調査によると、社会的成功者の実に9割近くが、毎日30分、もしくはそれ以上の時間を読書に充てているそうです。彼らが好むのは伝記や歴史、自己啓発書など、読書を通して自分の身になるものを読みます。 伝説の投資家と言われるウォーレン・バフェットも、読書を最も重要な習慣であると言い、マイクロソフトのビル・ゲイツも、どんなに夜が遅くとも、最低1時間の読書は欠かさないそうです。 読書は知識を得る意味でも大切ですが、読書を通して別の世界に入り込むことで、考え事などから一旦離れることができますから、リラックス効果を得るという意味においても習慣化しておくと良いかもしれませんね。 アウトドアの習慣化 そして、最後にもう1つ。アウトドアを趣味にしておくのも、ストレス軽減にはもってこいなのだそうです!こちらの記事によれば、米国の実業家であるメグ・ホイットマンはアウトドアを非常に好む一人として知られています。 Fast Companyのインタビューで語ったところによると、彼女はフライフィッシングが大好きだそうで、年に6回は息子さんとともに楽しむそうです。フライフィッシングは、中々高度な技術を要する釣りの一種ですが、どのようなものかご興味のある方は、下記動画をご覧になってください! [youtube