natures.natureservice.jp
シェアリングエコノミーを旅に取り入れると、違った楽しみ方が見えてくるかもしれない | NATURES.
空きスペースや物、サービスなどを、多くの人たちと共有する『シェアリングエコノミー』。最近よく耳にするAirbnbといった民泊サービスやライドシェアのUberも、このシェアリングエコノミーの1つと考えられています。今回はそのなかでも、旅に活用できそうなサービスをこちらの記事を参考にご紹介したいと思います。 庭のシェア まず最初にご紹介したいのは、2011年にスタートしたCamp in My Garden。その名の通り、庭をキャンプサイトとして貸し借りすることができるサービスです。キャンプ道具は自分で持ち込む必要がありますが、ホスト側(貸す側)がトイレやキッチンを貸してくれるところも多く、利便性は意外と良さそうです。 水辺に近い場所ではカヌーのレンタルをしていたり、サイクリングが楽しめそうな場所では自転車をレンタルしてくれたりと、ホストがさまざまな付加サービスを詳細に記載してくれています。農園の片隅を貸してくれる人もいますので、そんな場合は農産物のおすそ分けなんてことも! どうやらこのサービス、部屋を貸すことに抵抗があっても、庭なら貸しても良いと思える人がいるところに需要があるようです。また、借りる側も宿泊費が非常に安く済むこともあり、イギリスやヨーロッパにとどまらず、世界各地で人気が広がりつつあるみたいですね。 なんでも貸し借り 続いては、上記同様に個人間の貸し借りができるzilokというサービス。こちらは、車、重機、工具、家、パーティードレスetc......、まさにありとあらゆるものを個人間で貸し借りすることができる、というものです。 貸す側は、「買ったけど使っていない物がある」「たまに使う程度だから使っていない期間は誰かに貸したい」といった場合に利用するようです。一方の借りる側は、「滅多に使わないから借りて済ませたい」「買っても置く場所に困るから借りたい」もしくは、「購入を決めかねている品物を借りて試してみたい」などといった場合に利用します。