natures.natureservice.jp
森林浴って素晴らしい!五感をフルに使って楽しもう | NATURES.
皆さまが最後に森林浴に行ったのはいつ頃でしょうか?意識的に森林のなかを歩いているという方もいれば、キャンプや登山などを通して無意識のうちに森林のなかを歩いているという方もいらっしゃると思います。 一方で、森林浴という言葉を耳にするのも久しぶりだな~という方には、ぜひ素晴らしき効能を知っていただき、森林に足を運んで欲しいと思います。今回はこちらの記事からのご紹介です! 森林浴は日本発祥 1982年に、当時の林野庁が森林浴という言葉を使ったのがはじまりです。自然から遠ざかると人は体調が悪くなるが、どうやら森林には人を元気にする力があるようだ、と言い始めたのです。ですが、当時はまだ科学的なエビデンス(証拠)があったわけではなく、なんとなく良いらしいといった曖昧な状況でした。 その後も、世界各国の研究者が森林には何かしら良い効能がありそうだ、という関心を寄せつつも、本格的な研究がなされたのは2000年代に入ってからのこと。2004年に森林セラピー研究会が日本で設立され、その代表である李氏のもと、科学的な側面から研究がなされはじめたのでした。 話しは少し遡りますが、森林セラピー研究会の代表である李氏がなぜ森林セラピーに興味を持ったかというと、彼もまた森林に救われた一人であったからだそうです。1988年当時、東京で医学生として過ごしていた彼はストレスの多い生活を送っており、そんな彼を救ったのが1週間のキャンプでした。自然のなかで過ごすうちに李氏は活力を取り戻し、そこから森林浴効能に対する探究が始まったのでした。 森林浴の効能 ここで森林浴の効能について、李氏の研究をもとにご紹介しましょう。森林セラピー研究会を設立した翌年、彼は科学をベースとして、森林浴の効能に関する実験を行いました。東京に住む健康な中年男性12名を、森林浴の旅に3日間連れていくというものでした。 被験者たちは、旅行前、中、後の心拍数、血圧、アドレナリンとコルチゾール値(どちらもストレスに反応する物質)を医師によって計測されていましたが、その結果からは、森林浴による明らかなプラスの効果が神経系に見られたそうです。