natures.natureservice.jp
『Tentrr』と『Hipcamp』~キャンプ場版Airbnbの魅力~ | NATURES.
観光地や繁忙期の宿泊施設不足解消に一役買っているAirbnbを含めた民泊サービス。そのなかでも、キャンプ場特化型Airbnbもしくはアウトドア版Airbnbとでもいうべき、『Tentrr』と『Hipcamp』が、アメリカでは人気を博しているのだそうです。 Airbnbが"家を貸す"のに対し、『Tentrr』や『Hipcamp』は"土地をキャンパーに貸す"ことをコンセプトにしています。今回はこちらの記事から、サービスが生まれた背景やその魅力をご紹介したいと思います。 『Tentrr』が生まれた背景 Tentrrを設立したマイケルさんは、当時ニューヨークの金融系企業に勤務していたそうです。仕事に忙殺されていた彼はある日、お隣のニュージャージー州に妻と一緒にキャンプに出かけます。しかし、リラックスを求めて行ったキャンプ場で彼らを待っていたのは、静寂やリラックスとはほど遠い、宗教絡みのパーティーイベントでした。彼らはその時のことを、「まるでタイムズスクエアでキャンプをしているようだった」と振り返っており、その言葉からも期待を裏切られた様子が伺えます。 リラックスすることが叶わなかった彼らは、翌朝ニューヨークへと帰ります。その道中、偶然素敵な農場を見かけ、「あんな場所でキャンプができたらなあ~。」と思わず妻につぶやいたそうです。しかし同時に、「そうか、その手があったのだ!」とひらめき、自分たちが感じた不満を解消すべく、余っている私有地をキャンプ場として貸し出す、Tentrrという会社を設立しました。 『Hipcamp』にも同じような背景が さて、もう一方のHipcampも、Tentrrと同じような状況に悩まされたアリッサさんが立ち上げました。当初は、キャンプに行く人たちがキャンプ場探しに困らないよう、キャンプ場検索・予約サイトの運営を始めたそうですが、早々に問題にぶつかります。「そもそも、既存のキャンプ場はどこも予約が一杯じゃないか!」と。 そこで彼女は、私有地をキャンプ場として貸してくれるよう、土地の所有者に当たり始めたのです。当初は、思ったようにホスト(貸す側)が増えない時期もあったようですが、今では28万箇所以上のキャンプ場が登録しています。