natures.natureservice.jp
廃線鉄道跡のウォーキング | NATURES.
「廃線鉄道とは何なのだろう」との疑問があります。 世界に誇る日本の鉄道は、明治5年に新橋~横浜間が開通して以来、ものすごい勢いとスピードで発展、鉄道は全国の山河を切り拓いて、地方と街を結び流通を広げました。やがて鉄道の技術は造船、軍需産業へと開発されて、さらに鉄道は日本独自に進化を続けました。しかし100年が経つと、自家用車時代となって、乗客減少と赤字路線で「ローカル線廃止対象」(昭和55年)は全国におよび、とくに北海道、九州は多くが消えて行きました。 まず、日本の「廃線全図」を見て、その後に一本一本のウォーキングを取り上げたいと思います。 春は廃線跡ウオークの季節 そんな廃線の数は3000本を超えると思われます。たとえば炭鉱鉄道、臨港鉄道、軽便気道、登山鉄道、北海道拓民軌道、軍事鉄道ほか、さらに路面の東京都電など、あらゆる鉄道が全国に存在していたのです。現在、把握しているのは主に200本くらいです。私が歩いたのは全国約120本です。徒歩と自転車、自動車によります。服装は、場所によっては雑木林に変化した路線、数十年経ったトンネルの中など、思いがけない障害物にぶつかることもありますので、ハイキングスタイルが良いでしょう。土地の地図、筆記具、それに懐中電灯は、トンネルのある所は必需品です。 いまでも、現役の身近な鉄道のいくつかが消えて行っています。寂しい気持ちもありますが、今度は鉄道跡を歩くという旅は、どうでしょうか。新しい風物が自分の目線で見ることができます。鉄道開通の明治、大正時代の風景がもどってきて開けます。 [caption id="attachment_4752" align="aligncenter" width="600"] 北海道・広尾線「幸福駅」[/caption] 素晴らしい日本風景がよみがえる 街から村にかけて、さらに山河を行き山脈を望む路線に、かつての風景がよみがえってきます。大自然の中に鉄道跡が続いています。車窓から見た海岸線や山脈が、目の前に悠然と広がっているのです。大げさに言えば、日本の新しい風景でしょう。鉄道跡探訪は、そうした地帯の探検であり、鉄道跡に遺物を発見する考古学探訪なのです。