natures.natureservice.jp
訪日観光客から見ると日本はこう見えるらしい | NATURES.
海外旅行に行くと、日本にはない驚くべき文化や景色との出会いがあります。楽しいことがある反面、ちょっと残念な思いをすることもありますが、それも全部ひっくるめて海外旅行のおもしろさと言えるでしょう。では、日本を旅する外国人は、日本でどのような出会いをし、どのようなことを感じて自国へと帰っていくのでしょうか? 今回は、2015年に日本を旅したイタリア人女性が、旅行後に記したこちらの記事(「今すぐにでも日本を訪ねるべき10コのワケ」)から、初めての日本旅行で日本を大好きになった理由をいくつかご紹介し、外国人観光客の目線で日本がどのように見えるのかを知ってみましょう! 街がキレイ! とにかくゴミが散らかっておらず、あり得ないほど街がキレイだと感じたそうです。街中には飲み捨てられたカップもない、タバコの吸い殻も落ちていない、さらには街全体が良い匂いがするとまで書いています。大都市である東京でさえ、どこもかしこも新しくてキレイに見えたそうですよ。 正確過ぎて怖い... また、これは訪日外国人からよく聞く話の1つではありますが、電車やバスが時間通りに来るという点に驚いたようです。記事を書いたイタリア人女性は電車を多用したそうですが、すべてが定刻通りで、あまりにも正確過ぎて逆に怖いくらいだと感じたそうです。 そして、訪日中は治安面で不安になることはなく、たとえ東京の繁華街で酔いつぶれても、お財布もスマホも盗まれない国ってスゴイな!と日本が安全であることに対し驚く様子が書かれていました。 自然や景観が素晴らしい! "日本"と言うと、超高層ビル、眩しいほどのネオンの光、最新のテクノロジー、などをイメージする人が多いそうです。しかし、彼女曰く、日本には都市部よりもっとみるべき景観が他の場所にたくさんあったと言います。美しく気高い富士山、壮大なスケールの嵐山の竹林(京都)、国中に点在する美しい寺院や庭園、そして壮大で険しい山々。そんな素晴らしい景観があるからこそ、日本は自然を愛する人々にとっては旅をしたくなる理想的な地である、と記事のなかで評していました。 また、日本を訪れたのがちょうど桜が咲いている春だったこともあり、桜の見事な咲きっぷりに感嘆すると同時に、お花見に異様な執念を燃やす日本人にはちょっとびっくりしたみたいですよ。 人々にも魅了された!