natures.natureservice.jp
街の中でもできる、深い森の感じ方 | NATURES.
森は身近なところにある。 足元を見てみましょう。 鬱蒼と茂ったジャングルがそこにありませんか? 少しだけ、しゃがみこんで、地面と同じ高さになってそれを見てみましょう。 一本の木を下から見上げてみましょう。 なるべく幹に近いところに顔を付けて。 樹木と同じ視点から、空を眺めてみましょう。 一本の幹から、どんなにアクティブに、空に枝が伸びて行ったかが分かります。 南米の密林まで行かなくても 北欧の針葉樹林や ヨーロッパの童話のような森に行かなくても あなたのすぐそばに、深い森があるのです。 それに気付くだけで、毎日の生活も変わります。 すでに、ここは森の中なのです。 森に座ってみる。 森に着いたら、まずは座ってみる。 その場にしゃがみこむだけでなく、なるべく自分がリラックスできるように座ってみる。 そこに素敵な椅子を置いてもいい。 これなら、近所の森でもできる。 そこに座るだけで、違った風景が見えてくるでしょう。 もし、あなたが森で、鳥を観察したり、珍しい蝶を見つけたかったら、森をウロウロ歩きまわるのではなく、その場に座って待つことです。 じっと、自分がその森の一部になったかのように、座って待つのです。 あなたが動かなくなると 今度は森が動き出します。 たくさんの生き物がそこを通り過ぎて行くでしょう。 こんなにたくさんの生き物がいたんだ!びっくりするくらい、通り過ぎて行きます。 これは、森に座ってみないと分からないこと。 立ち止まるのでもなく、しゃがむのでもない。 座ってみること。 森に寝転んでみる。 背中。 昔、組体操などをした時に、友達を背中を付け合うと、やけに親しくなったような気になりませんでしたか? あるいは、小さい頃、お父さんにおんぶされた時 好きな人とハグをする時も、手のひらを背中に付けます。 背中は、その相手と仲良くなるためのポイントがあるのだと思います。 では、森と仲良くなる為には、どうしたら良いでしょう? 森のデコボコの地面に、しっかりと背中を付けてみることです。 すると、不思議なことに 森の視点になって、森を見ることができます。 音の聞こえ方も変わります。 背中を付けるだけで、いつもとは違う感覚になるはずです。 最後に これらのことは、深山渓谷まで行くまでもなく、近所の公園でもできることです。