natures.natureservice.jp
日本のグランピング事情 | NATURES.
じわじわと、キャンプスタイルのひとつとして浸透してきたグランピング。 キャンプ=ワイルド&不便だと思っている私は、グランピング(グラマラス×キャンプ)というものを初めて知ったとき、豪勢なキャンプに違和感を覚えたものだが、ここまで浸透してくると、もはや無視はできなくなった。いや、むしろ、この頃は、至れり尽くせりのキャンプも悪くないような気もしてきた。 そこで、注目のスポットをいくつか調べてみた。 ①星のや富士 多くの個性的な宿泊施設を手がける、あの星野リゾートがつくった施設。日本初のグランピングリゾートと銘打って2015年10月にオープンした。 丘陵地に建つ、サイコロを重ねたような斬新なキャビンの窓からは富士山と湖が広がり、各部屋に炎を楽しめるテラスリビングがある。食事は屋外・屋内を選べるダイニングで食すキャンプ飯。さらにはグランピングマスターなる人物が存在し、いろいろなアクティビティを提案してくれるそうだ。 最高級のグランピングを体験するならここへ。 ●ツインキャビン1泊2食付48,430円~(1名あたり) ●山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408 HPにある星野リゾート代表・星野佳路氏のコメントに、笑いながらうなづいてしまったので引用したい。 周りの自然を感じながら滞在する、野外バーベキューで食をとる、夜は火を囲んでワインや音楽を楽しむ、という時間はキャンプの醍醐味です。しかし、これらとセットに厄介なことが付いてくるのです。食事あとの片付け、火おこしとその始末、暑い寒い、雨だと最悪な体験に変化、テントの中の虫、快適でないトイレ・・・とネガティブな要素を考えると「キャンプのことは忘れてしまおう」となります。 ②森と星空のキャンプビレッジ ツインリンクもてぎの中に新設されたグランピングエリア。 コットン製のテントの中に、ふかふかのベッドやソファ、木製テーブルが用意されており、バーベキューの食事がセットになっている。敷地内にある大浴場の入浴券付きが嬉しい。 持ち込みテントのサイトもあるが、グランピングエリアには立ち入り禁止。特別感を大事にしているようだ。 ●セットアップサイト1泊2食付36,410円~(大人2名+子供1名で利用の場合) ●栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1 ③初島アイランドキャンプヴィラ