naturebounds.com
yamaan画像を投下する(4月中旬あたり) | YOiCHi Permanent Design Fabric
日々の忙しさにかまけて、レポートをおろそかにしてはいけない。 若干の季節外れは承知の上、我が社の桃源郷「yamaan」の何気ない光景を投下しちゃう。 4月中旬くらいのyamaan。 畑は菜の花天国。 昨年にバラ撒いた大量のアブラナ科の種がグングン背を伸ばして花を咲かせた。(忙しかったので種を花咲か爺さん張りに散布した_笑) こうなる前は一応、葉もの野菜として鎮座していたが、暖かくなるにつれてその生命を謳歌。 ちなみにこの花も食べれます。 もちろんこの葉っぱも食べれる。 沸騰したお湯でサッと茹でれば、ヘルシーなお浸しになる。 ごちそうさま☆ 毎年ニョキニョキ、ニラ。 多年草であるニラは毎年ニョキニョキと生えてきてくれる。 根から抜かずに、ハサミでチョキンとして収穫すれば切り口からまた伸びてきてくれる。 春から真夏まで十分に楽しめるから有難い☆ こぼれ種からコンニチハ、ゴボウ。 植えた覚えがないから、多分こぼれ種から発芽したんでしょう、ゴボウ。 こんぐらい小さくても結構イケる。 もはや青春時代へ突入、キャベツ。 紫キャベツ、結球しないでそろそろ花を咲かせそう。 この状態の葉っぱでも十分美味い。 こっちはウマく結球してくれた普通のキャベツかと思いきや… 実は芽キャベツ。 葉鞘部にビシビシ付いた芽がそれぞれ青春時代(花を咲かせる時期)に突入。こりゃスゴいことになるね。 yamaanそばのウチの田んぼ。 ちょっとした崖の下にある田んぼ。 昔はこの崖の上には水を祀る神社があったそうな。(今は完全に竹やぶ) 崖からは水が染み出てくる。天然の濾過装置だ。コケが気持ちよさそうに生きている。 綺麗な水なんだろう、クレソンも生える。 ウチのジジイが崖にパイプを突き刺して、勝手に湧水スポットにしていた。 yamaanで水がなくなるとここに汲みに来たりもする。 yamaanは枝垂れ桜が満開(今は全部散ったけど)。 やっと樹高が1メートル近くまで生長してくれた枝垂れ桜。 いつかこの下で花見がしたいもんです。(超季節外れなオチ)