naturebounds.com
珈琲豆を自家焙煎してみた | YOiCHi Permanent Design Fabric
2年前のプレゼン@はただ酒店以来、すっかりファンになった野口さんのコーヒー。 おかげでそれから毎朝、コーヒーを飲むようになった私☆ 昨年には、野口さんから生豆をいただきまして、さらには「持ってないでしょ?」ってハンドロースターまでもらっちゃった! 自家焙煎できちゃうぞってことで、奥から出してきたのはこちら、「手あぶり」! (数年前にリサイクルショップで1,000円くらいだったかな?) 薪ストーブの炭に、夏のバーベキューで余った炭をプラス。 いい感じにあったまってきた☆ ところで、コーヒーの生の豆って見たことあります? 焙煎前の豆って、肌色っぽいカラーなんです_驚! さらに生豆の匂いは、あのコーヒーの香りとは程遠い、若干スパイシーなスメル。 一瞬、香辛料かと思うほど☆ 何もかもが初めて。 とにかくあとは素人なりに、よく見るあのコーヒーカラーになるまで煎ろうではないかっ! 炭火は結構な高温。 でもやってみるとなかなかにあの黒っぽいカラーに焦げてきてくれない…! 火吹き竹で何度も炭を勢いづかせては、ハンドロースターを振る。 焙煎することおよそ30分。(疲れたー!) 何やらイイ感じのコーヒー色に☆(色ムラはあるケド) この時点であの独特なコーヒーの香りが漂うかと思いきや、あれあれ?ほぼ無臭状態。 若干不安になるも、保存容器に入れて大事に保管。 驚くことに、焙煎直後は全く匂いがしてなかったのに、その3日後に蓋を開けて嗅いだらあのコーヒーの芳しい香りが立ち込めていたのでしたー! 一気に期待が高まる。 そして! ドキドキしながらのミル&ドリップ。 ・・・ ・・・ ・・・ うわぁ・・・ ・・・ ・・・ ・・・ う、うまい・・・! うまいではないか・・・!! ビギナーズラックとでも言うべきか、大変にイイ出来栄え☆ あまりに嬉しくて、コーヒーかすまで愛おしく思えてくるではないか・・・! こうなるとちょっと野口さんのコーヒーと比較したくなる☆ こちらが野口さん焙煎のコーヒー豆。 う〜ん、美味い♪ やはりさすがです。