naturebounds.com
あれから2年、元気な男の子を授かりました! | YOiCHi Permanent Design Fabric
2年前、僕は思い切ってお嫁さんを募集した。 そしたら人生の目標を共有できる素敵な人と会うことができた。 数ヶ月後には同居を始めて、その翌年には入籍。 さらにその次の年(今年)には嫁さんが妊娠、そして今月に無事出産。 ↑イマここ なんだか、うまいこと進み過ぎてなーい?! …そんな夢のようなことが起こっています。 改めて、勇気を出してお嫁さん募集して良かったです。 ほんの少しの勇気が人生を変えることってあるんですね。 お嫁さん募集関連についてご存知ない方は、過去記事「【お嫁さん募集完結】入籍しました!」にまとまっているのでどうかそちらをご参照ください。 それにしてもジェットコースターのように、スリリングなくらいトントン進んでいる。 周囲の先輩方は得意げに「進んじゃうときは急に進むよね〜」とクールに僕の興奮を冷ましてくれる。 …まぁ、そういうもんらしいですね。 でもまぁ見てやってくださいヨ。 2018年2月、妊娠9週目。何かちっこい生命がいました。 夫婦二人で「うおーっ」てなりました。 一気にとんで33週目。横顔。 同じく33周目。顔正面。 ちょっとブサイクに写ってます。 彼はこのときあたりからずっと逆子状態。 逆子よ、直れ!と願掛けしてみました。 このときじゃないと撮れないマタニティ写真。 写真家の坂本さくらさん、ありがとうございましたm(_ _)m どんどん大きくなるお腹を抱えながらも嫁さん、やれる範囲で畑作業を頑張ってくれてました。 ありがとう☆ 36周目。なぜか腕部分。 なんか力強いです。 結局、逆子が直らず、帝王切開の出産が決まりました。 手術前日、先生からいろんな説明を受けるんだけど、起こりうる様々なリスクを事細かに説明され、僕は吐きそうなほどに具合が悪くなってしまいました。 愛する嫁さんに何かあったらどうしよう…オロオロってやつです。 (嫁には悟られないよう、頑張りました) そして産まれたー! 見よ!この珠のような子を!(親バカ) (彼に触る画像右の手は僕、左の手は嫁さん) 帝王切開で産まれた彼は未熟児扱いになり、数日間、未熟児室で過ごすことに。 こんな感じの保育器に入っておりました。