naturebounds.com
【無事終了!】人口減少克服トークバトル vol.2「青森のくらし」 | YOiCHi Permanent Design Fabric
イベント概要についてはコチラ こういったイベントに出演させていただくのは実に2年ぶりくらい。 一言で言えば、非常に勉強になりました☆ 例えて言うなら、どんなに大きく硬いカリントウも、ガリガリとみんなでかじってちっちゃいパーツに分解して食べていけば完食できるよねってことを再確認した感じ。 当初、俺はタイトルに「人口減少克服」というデカいテーマが掲げてあるもんだからさ、 よし、俺も負けじとデカいこと言ってやろう。 って思った。(デカいカリントウに強力なミサイルをぶち込んで吹っ飛ばしてやるってイメージ) それと同時に、 「克服」ってどういうこと? っていう疑問も生まれた。 人口をなんとかして増やしていくこと? それとも人が少ないなりにどうにかやっていくこと? 言葉の解釈って難しいね。 俺個人としては、自給自足というあんまり時代に左右されない生き方を目指しているから割とどうでもいいことなんだけど、それなりに今の世を憂いているから独自の意見ならなんぼでも言える。 だから、さぁかかってきたまえ。 っていうベテラン空手家みたいな姿勢で現場に入った。 一通り名刺交換やご挨拶を済ませ、スタッフ打ち合わせが進んでいくうちに俺は思った。 ・・・なんか違うぞ、これ。 「人口減少」ってワードは傍に寄せられて、取り上げられていく言葉は「快適で便利に生活できるまち」→「食材がおいしい」とか、「女性が活躍しやすいまち」→「女性管理職が多い」とか、なんだか細かいお話。そんないろんな項目が108個(煩悩の数!?)も挙げられた指標データを元に、第1部では私含むパネラー4名のトークをして、第2部ではお客さん約40名全員参加のテーブルトークを行うらしい。 スタッフの方々からは有難いことに「どうぞ自由にやっちゃってください」「派手にいきましょう」とお声がけ頂いたんだけど、正直なところ俺の用意したミサイルはぶっ放せそうもない。 うーん、どうしよう? 会場の内装が真っ白だったせいか、俺の頭も真っ白になった。 第一部のトークバトルがスタート。個性豊かな面々が並ぶ_笑