naturebounds.com
これぞ財産!輝ける廃材たち! | YOiCHi Permanent Design Fabric
期限付きのWEBサイト制作がひと段落し、次なる作業に勤しむ昨今。なんの作業をしているかといえば、何を隠そう実家内のお引越し&大掃除! なぜそんなことをしているのかって? 来週からお嫁さんが来るのだよー! お嫁さん最新記事はコチラ 新しい家族と、イチからお部屋作りしたくてね。俺が普段使っている実家母屋の向かいにある離れ、10畳の部屋をほぼスッカラカンにリセットするんだ。 二人で一緒に引っ越してきて、まさにこれから暮らすんだぜって状況にする。ついでに開かずの棚を開けたり、部屋中の埃を掻き出したり、何と言っても断捨離ができる☆ そのまま実家内に居座り続けることはしない。うちの家族と同居ってのは何かとストレスになるだろうから、別の場所に新居を建てるつもり。長いことうまくやっていくには適度な距離感って大事よね。この10畳の部屋はそれが完成するまで、愛が溢れる仮住まいになるわけだ♡(ひゅー) さて、これから作る新居。金も無いのにどうやって建てるか? YES!もちろん廃材で建てちゃうさ!(yamaanLODGE同様) yamaanLODGEについてはこちら。 そんなわけで今年の初夏から情報を頼りにコツコツと廃材をコレクション。 6月上旬:古民家の解体現場へ突撃。 築65年ほどの古いお宅でした。立派な神棚があった模様。 解体前の家屋からは様々な古道具が出てくる。俺、こういうの大好き!ウホー! …と喜んでキープしていると、ここのおばあさんが近寄ってきた。 『これはなぁ、ここに嫁に来た時に義父が私のために手作りしてくれたんだよ』 俺はハッとなった。 「あの、すみません! もし大事なものでしたらお返ししますよ!」 すると、おばあさんはいやいやと首を横に振り、悲しそうな表情を浮かべて語りはじめた。 『うちの息子や孫からすれば、これは一切価値がないんだって。新しい家には置くところもないし、何よりもこれらは必要がないんだとさ。時代の流れだ。私のような年寄りが意地を張ってもしょうがない』 俺は涙が出そうになるのをこらえて言った。