naturebounds.com
【たまには癒しを】うちのワンコたちについて紹介しよう。 | YOiCHi Permanent Design Fabric
満を持して公開してしまおう、うちのワンコたちを! (名前は「ブナ」と「ヒノキ」と言います) この娘たち(どっちも♀)がきてからもう1ヶ月半が経とうとしている。日増しにスクスクと成長し、身体能力も上がっている。生命というのはひたすらにどこかへ向かい進んでいる。 昨今の世の中じゃ、去勢や不妊手術をしたり、保健所送りになっちゃったりする犬たちも多いけど、2つの生命が恋をして、次の生命を生み出すことに一体何の罪があるのだろうか。もしそれが罪や問題だというなら、一体彼らは何のためにこの地球に生まれてきたんだろう。 生後2ヶ月のワンコを頂けちゃうということで、俺はその5日前あたりからソワソワしてきた。 そんで作っちゃった。ワンコのケージ。yamaanにて。 子どもワンコだし、多分このくらいの大きさでいいだろうという考えが甘かった。 すぐに狭くなり、yamaanに来たときに昼寝するだけのスペースと化す。このケージは先週解体した… パラコードで首輪も編んでしまった。この編み方はカンタンなので、みんなもやってみよう!(「パラコード」で検索)強度も250kgに耐える優れものだ。 引き取り当日。六ヶ所村にある酪農家さん宅へ。 なんだこの娘たち、随分なつっこいじゃないの!しかも小さいのにめっちゃモフモフしてる☆ 大きくなるとこんなエレガントに成長するらしい。 そう!この娘たちは… ゴールデンレトリバー!ひゅ〜〜〜! 他に引き取り手もなく、姉妹を引き裂くのもイヤだったので2頭ともカモ〜ン! (六ヶ所村の阿部さん、ご仲介のハルナさん、ありがとう!) 六ヶ所から南部町まで、90分のドライブ。しかも車に乗るのは初体験。 道中、2頭とも満遍なく… ゲロリンした。(車酔い) しかもうち1頭はこのダンボールの中で吐かず、俺にアピールしたかったのか、運転席と助手席の間から顔を乗り出してリバース。 その健気さというか、堂々としたサマに感動すら覚えた。(俺の車は当然ゲロリンまみれ…掃除が大変だった) これをやったのが、ブナだったのか、ヒノキだったのかは未だ不明のままだ。 南部町に到着したときはすでに真っ暗。 初めてのドライブ、初めてのゲロリンの次は、初めてのケージ。