naturebounds.com
冬は番屋炬燵(ばんやこたつ)がヤバいくらい暖かい。 | YOiCHi Permanent Design Fabric
青森の冬は寒いですよー! 二十四節気ではすでに「大寒」(1月20日〜2月3日)。 1年を通して寒さが最も厳しくなる時期である…! 北国ではいかにこの時期を快適に、ローコストで乗り切るかが大きな鍵になってくる。 石油ファンヒーターやエアコンをボタン一つでガンガンに使いますっていうエネルギー鬼畜の方々はひとまず置いといて… 石油 → 何百万年かけて生成される地下資源を99.7%海外から輸入して使用 電気 → 火力発電=発電燃料95%以上を海外から輸入、原子力発電=発電燃料(ウラン)を100%海外から輸入&放射性廃棄物の放射線レベルが十分に下がるまで約10万年必要(!) 今回は木質燃料を愛する皆さんにイイ感じの情報デス! 木 →日本の国土の66%は森林、およそ20年スパンで伐採&採取が可能 「ばんやこたつ」を知ってるかい? Yes, this is 番屋炬燵(ばんやこたつ)。 そう、今ではほとんど見かけなくなった掘り炬燵のポータブル版、「置き炬燵」とも言われたりする。 この中に炭を入れて、さらにこの上に布団を掛けてすなわち炬燵と成す☆ 中の丸い鉢に炭を入れる感じです。 その下にカポッとはめてるのは、敷き布や畳が焼けないように100均で買ったアルミ製の振るい。 これがイイ感じで床との距離を保ってくれる。 ついでにこれで使用した後に出る灰を振るう。 さらにその下にはベニヤ板も敷いている。 (以前に畳を焦がしてしまった経験から_笑) 炭入れ鉢を取り出すとこんな感じ。 上から布団を掛けるとコタツ内は酸欠状態になり、炭は熱を放出しながらゆっくりじわじわ灰になっていく。 当然のことながら、スギやマツなどの針葉樹よりも、サクラやナラの広葉樹の炭の方が持ちはイイ。 そんな炭入れ鉢を瓦で囲うという構造。 炭を入れ、序盤はこの丸い穴から熱が漏れ出し、中盤以降はこの瓦に蓄熱された輻射熱がコタツ内部を暖める。 炭はどこからかというと、木質燃料で暖を取る王道ツール「薪ストーブ」から。 冬の季節、薪ストーブを開ければいつも炭が出来上がってる。 この中から大小問わず、炭入れ鉢にゴソゴソ入れてコタツへ運ぶ。 鉢が熱くなって手を火傷する場合もあるから、俺は使わないフライパンに載せて運んでます。