naturebounds.com
青森市浅虫:伝説の豆腐店 | YOiCHi Permanent Design Fabric
こないだ、すげぇ豆腐屋を見つけた。 注)現在こちらの豆腐屋さんは営業されておりません。その理由を最初に書いてしまうととても悲しいので、記事の最後に記載させていただきます。 ちょっとした噂を聞いて、立ち寄ってみた青森市浅虫。 温泉や水族館で有名な場所ではあるんだけど、そこの豆腐屋がなんだかスゴいらしい。 見つけるのはそう難しくない。 昨今、どこも小綺麗にした店を構えているなか、なんだろうこの荒削りな「アジア感」は。 目立つのかどうか分からない、シルバーにペイントされた看板には「近藤豆腐店」の文字。 店の入り口には、廃材なんだか看板なんだか、備品なんだかゴミなんだか、よく分からないもので溢れている。 ここって入り口だよね?ってところにデッキブラシや丸ノコ、チェーン、そしてプラスティックBOX。 客を拒んでいるかのような秀逸なレイアウト。 使えるのか分からない洗濯機、無造作に置かれた包丁。 まだ店の前に来たばかりなのに、この「アジア感」に圧倒される。 注意を怠れば、排水溝に落ちてしまうような、ありのままなセキュリティ。 まずは商品のラインナップを拝見した。 「ゆば」を二度も繰り返すお品書きは初めてみた。 とりあえず棒でよく見えない「おみやげセット(¥1,000)」に決めた。 中に入ると、人影はなく、大量の大豆が出迎えてくれた。 「おはようございまーす」 と何度か呼びかけると、思いもしない方向から返事があった。 ずっと奥にあるボイラー。そこに体をうずめていたおじいさんがゆっくりとこっちを振り向いた。 「おみやげ豆腐」を注文する前に、 「ここは初めてかい? なら、おみやげ豆腐にするといい。いっぱいオマケするよ」 とおじいさん。 ひたすら喋り続けながら、少しずつ商品を出してくる。とにかくよく喋る。よほど豆腐が好きなんだろう。 一斗缶で作る豆腐。ワイルドだ。 とにかくずっと喋ってる。 10分喋って、やっと1品出てくるような感じだ。 男の仕事場ってやつだ。 常連さんもやってきた。 迂闊に順番を譲ったのが大間違い。ここから30分以上、この二人のトークは続いた_笑