nature-to-life.house
藍を食す「自然栽培と発酵ごはん」 | 自然と暮らしの家
8月27日、とっても嬉しいことが! 「食のアトリエ ゆいの森」久美先生が、藍たちをとっても素敵なお料理に変身させてくださいました!! とっても素敵な久美先生のアトリエ。 久美先生は発酵食のスペシャリスト。わくわくする醸しものがたくさん! 「発酵」ってとても不思議で、いろんな条件や環境に加えて、それに手を添える人によっても全然違う結果となったりします。 食に限らず、畑でも、場でも、「発酵」する。 私は、藍に集まる微生物たちの発酵力にとても魅力を感じています。さくらワークスのみなさんと、大切に育ててきた藍たち。 その藍たちを初めて食す時には、発酵の達人である久美先生にお料理していただけたら幸せだなぁって夢描いていました。 それが現実に!! タイミング良く前晩は満月。満月の影響を、藍たちがどんな風に受けるのか観察したくて、月光浴を兼ねて夜まで畑にいました。 自然界のあらゆるものは、月や太陽の影響を受けています。月の引力は、地球上の液体に与える影響がとても大きいです。月の満ち欠けと、海の干満が連動しているように、私たち人間も、動物も植物も月の満ち欠けに多分に影響を受けます。 人間の体の80%は水分で出来ているので、月の引力によって引き起こされる潮の満ち引きのように、体液が影響を受けるのです。 体のほとんどが水分で出来ている植物も、月の影響を同じように受けます。 満月は引力が均等にかかるので、植物たちの頭や新芽の方まで体液で満たされています。 畑を日々観察していると、月の満ち欠けと植物生育の関係性がとても大きいことを感じます。 例えば種蒔き。満月の5日前から満月の前日までに種蒔きすると、発根してから子葉が出てきます。新月に種を蒔くと発根が遅れて子葉が早く伸び、徒長しがちになり発根量が少なくなります。月と太陽の引力が、苗の生育に関係しているのです。 そして虫たちもこのリズムにとても関係してます。 虫を防除する時期は満月の三日後が適期と言われています。虫が満月の三日前に交尾をして、満月の日に産卵し、満月の三日後に孵化する傾向があるからだそうです。 私の虫対策は手で一匹ずつ退いてもらう、という方法なので、日々そんなことをしていると、虫たちは植物の生育周期を本当によく知っているんだなぁと思います。